メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長々と、メリーの話のままでしたが、やっと更新します。
今後とも、よろしくお願いします。


昨日29日、夫を伴って、ライブに行って来た


サンフランシスコ在住の、ブルースギタリスト&ボーカルTAKEZO氏のライブだった。
今回は、京都・大阪のツアーのようだ。
音楽仲間のmaetakiさんが、そのツアーの京都だけ、Key.でサポートするとのこと。

maetakiさんのキーボードが上手いのは、私もよく知ってるけど
いつもセッションでしか聴いたことがない。
彼もバンドで、週末にライブをされてると聞いてるが、まだ行けてない。

そして今回の、ライブはメキシコ料理の店でのライブ。
メキシコ料理、美味しそうやん。
小さい店なので、ボーカル、ギター、ピアノ、パーカッションでしっぽり・・・
ということだったので、夫を誘ってみた。 まぁ、意外とすんなり、行くの返事

これからの私の遊びをかけて、ここいらで、ちょっとくらいゴマスリしとかないとね


d0066133_2202163.jpg


店は「エル・ラティーノ」

小さくて、暗くて、お世辞にもあんまりキレイな感じじゃない ( ̄。 ̄;)
店の奥に、ステージというのか、無理やり機材をセッティングしてあった。

d0066133_223850.jpg

20時頃より、4人による演奏が始まった。
有名曲とかオリジナル曲を、ラテンっぽく演ったり、また軽いロック調にしたり。
ボーカルの女性は、すごく綺麗で、ジャジーに歌い上げる。
ややハスキーだけど、とおる声で、とても素敵だ。

我らが(笑)maetakiさんは、カラダはフロント2人の後ろに隠れてたけど
キメるところは、ちゃんとキメる 素晴しい

あ、ビートルズでも有名な「Don't Let Me Down」の演奏もあった。
アレンジが素敵で、カッコよかったのだけど、横で夫が・・・

「どれ見たぁ~~ どれ見たぁ~~~」とか、つぶやいてたので、
もう、それ以降、「Don't Let Me Down」とは聴こえてこなくなった・・・

もぉーーー、、、、 あほーーーーー !!!


休憩をはさんで、22時まで、ほんとゆったりと、楽しいライブだった。


それから料理、ここのメキシコ料理は、全部美味しかった。
ケサディージャタキートスタコスフェジョアーダ・・・ (写真撮れず)
なかでも、チーズが美味しいので、ケサディージャはお薦めだね。
お店の人が心配するほどの量を注文したけど、完食した。

d0066133_2221290.jpg
お酒は、夫はコロナビールから始まって、
テキーラを数杯。

私は、どんなのかわかんないけど、
知った名前のマルガリータを。

マルガリータは、
最初は消毒用のアルコール?
って感じだったけど
氷が解けて薄まり、
私にも飲めるようなモノになった^^;


ここのマスターは、とっても陽気で、ヘンなおやじ。
21時頃には、ベロンベロンに酔っ払ってたし。 でも、愛すべきキャラだったな。

話によると、この店は、知る人ぞ知るプロのミュージシャンの隠れ場で、
いろんな人がフラリと来たり、ライブの打ち上げに使ったりするらしい。

昼間は店は開けてないけど、マスターはいるので、
なんなりとランチを作ってくれるとか。 
話をしながら作るので、時間かかるけどねって、言ってたけどね。
また行ってみたい店でした。
[PR]
by maryqueen | 2008-04-30 22:09 | 音楽
突然ですが、うちのわんこメリーが、昨日、逝ってしまいました。

ここでの更新が滞っていたので、急なお知らせになったのですが、
1週間ほど前から、食欲と元気が無くなり、4日ほど前から、嘔吐が止まりませんでした。
病院で入院させながら、いろいろ検査したのですが、レトリーバーに多い癌ではなく
肝機能障害が強く、黄疸がでていました。

嘔吐があるので、薬はもとより水も飲めない状態で、昨日の朝、面会に行った時
もうこれ以上、手の打ちようがないということだったので、家に連れて帰りました。

いつものソファの部屋に寝かせて、声かけしながら様子をみていましたが
3時間後、静かに息を引き取りました。
夫と私が、揃って、最期を看取ることができました。

家に帰ってきたので、安心したのかもしれません。
間に合って良かったと思いました。


今度の5月で12歳だったので、大型犬としては大往生でしょうね。
そして、病院ではなく家で、事故で突然ではなく、私たちが看取ることができ
メリーも幸せだたっと思います。
そして、私たち家族も、いっぱいいっぱい癒されて、幸せでした。

昨夜は、メリーの最期には間に合わなかったものの、息子も帰って来てくれたので
家族3人と、メリーの写真を見たり、話をしたりで、賑やかに過ごしました。


ネット上で、私の名前を彼女からもらって「メリー」としたのも良かったと思います。
これからも、みんなから、ずっと「メリー」と呼んでもらえるのでね。


いずれはこの日が来ることはわかっていたのですが、やはり辛いものですね。
しばらくは、定期的に襲ってくる寂しさと、悲しさで、涙が出ますが、
そのうち、復帰できると思います。


ここでメリーの画像をアップするたび、みんなに可愛がってもらったので
メリー自身も私も、嬉しい限りです。

ほんとうに、わんこメリーを愛していただき、ありがとうございました。
心から感謝します。


3月に撮った「タオル遊び」の映像を貼ります。 最後に見てやってください。



[PR]
by maryqueen | 2008-04-07 13:26 | 動物