メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

主治医から、特に発熱や大きな変化もないので、手術翌日より、歩け歩け!と言われたため
2日目には、夫は手術仲間とともに、外出をしたとのこと。
病院から、繁華街を通って、琵琶湖岸の公園まで、、、 1時間半ほどかけて歩いてきたと。
その2日後には、会社(病院から歩いていける)にも立ち寄って、同僚を驚かせたとか。。。

退院も近いかな~と思ってたけれど、やっぱり平日は、私の仕事は休めない。
なので、
「退院は、土曜日にしない?」と言うと
「なに言うてんねん! 木曜には帰れるわ! どこも悪くないのになんでここに居らなあかんねん!!」
と、えらい剣幕・・・ ( ̄▽ ̄)

まぁ、わかるけどさ・・・  ならば、土曜までに退院になったら、
夕方に私の仕事が終り次第、迎えに来るから、、、  ということになった。


予測通り、手術日から8日目(木曜日)に、退院許可がでた。
すると、もう昼過ぎには、さっさと帰り支度をして、電車で帰ってきたの。。。1時間半かけてね。。。

私が、家に帰った時には、家でくつろいでましわ・・・ ( ̄ェ ̄;) まぁ、ダイジョブならいいんですけどね。


退院に際して、ナースステーションで挨拶をしてきたと。

ピーンと気をつけ! の姿勢で

「お世話になりました! もう二度とここに帰って来ないよう、頑張りますっ!!017.gif」と、大声で・・・

そして、手首にはめていた名札をはずし、

「囚人札、お返しします!!!004.gif


ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒエェェェェーー!!!  そんなこと言うたんですか!!!!!

思いっきり、某所からの出所ぢゃないですかっ!!

迎えに行かなくて、良かった・・・(;´Д`A ```

この言葉、どうやら、暇な入院中に、考えてたらしい。
そして、本人は、ナースステーション中の爆笑をとり、大満足だったみたい。。。

おまけに、20歳の看護学生が実習で、入院時からついてたのだけど
その子に

「今度、コンパしよな006.gif」 って言ったとか・・・

あぁ、、、ほんまに、迎えに行かなくて良かった・・・ 008.gif


退院した翌日、夕飯はいらないとのこと。 
どうやら、同部屋の手術仲間が、ご近所だってことがわかり、飲みに行くのだとか・・・
二人とも、首輪(ムチウチの時の固定カラーね)をつけて、焼き鳥屋へ・・・
「やっぱり、シャバはええなぁ~。。。」と話してきたんだって。

会社復帰は、手術から2週間後。 
そしてさっそくその日から、飲みに行って、最終電車だったし・・・

なんか、心配するのが、アホらしくなるような・・・
今週は、3回の飲み会で、1日は、最終に乗り遅れ、ネットカフェに泊まったりして。
どんだけ快気祝い(出所祝い?)してもらうねん・・・って感じです。。。  

首より、肝臓の方が悪いと思うんだけどねぇ~ ( ̄‥ ̄)=3 フン
[PR]
by maryqueen | 2008-02-22 12:19 | 家族
先に予定を組んでの手術だったら、それに合わせて、私の仕事も調節可能だったが
今回はキャンセル待ちだったので、あまりにも急な日程・・・

私の仕事は、急に休む時には、代わりの人を探さないといけないので、
事務所にお願いして、なんとか手術当日だけでも、休暇を確保した。

でも、入院の日や手術説明の時も、仕事があったので、病院に行けなかった。
家から病院まで、車で片道1時間半かかるので、間に合わなかったの。。。

主治医から、詳しく手術について説明を受けた夫は、慌てて電話をしてきた。

「オレ、1回死ぬみたいや・・・」

( ̄▽ ̄)はぁ? 

聞いてみると、手術は首の後ろを切開するので、うつ伏せで受ける。
そして、全身麻酔をかけ、ピクとも動かないように、筋弛緩剤も投薬される。
すると、呼吸の筋肉も動きを抑えてしまうので、一時的に人工呼吸器につなぐということらしい。
その状態を想像した夫は、またまたビビッてしまった・・・ってこと。

ううむ・・・
入院なんてしたことない人が、初めての手術を控えて、この説明を聞いて、
どんなに大手術なんだ!!!!と思ったんだろーねー。。。
外来での説明では、もっと簡単なモノって感じだったらしいし・・・

「呼吸は確実に止まってしまうわけじゃないやん!そんなんやったら心臓も止まるし!
 万が一に備えてだから、ダイジョブ、ダイジョブ!!」

まぁ、こう言うしかないよね・・・( ̄‥ ̄)=3


手術当日、なんか情けな~い顔をしてたけど、もう、まな板の上の鯉やから
ベッドで連れて行かれ、手術室へ・・・
あ、私? 心配でオロオロしてるんじゃないかと、様子を見に来てくれた両親は
待合室で、爆睡してた私を見て、唖然としたらしい・・・ ( ̄▽ ̄)ハハ・・・

手術は、午後1時から、部屋に帰ってきたのは4時。 もう覚醒した状態だった。
首は固定されてるし、今夜一晩は、寝返りするにも、看護師にの介助が必要だとか。
しゃーないね、どの人も、手術の夜は寝られないというし・・・

私は、完全看護の病院なので、帰ったのでした。



翌日、どんな状態だろ・・・と思いながら、病院に行った。

カーテンを開けると・・・

ベッドの上に、ちょこんと座った夫が、「よぉ!」

( ̄▽ ̄)アレ? なに? もう起きてるの?


さすがに、夜中に何度か寝返りをさせてもらったらしいけど、
朝一番に、点滴、ドレーン、膀胱カテーテルやら、すべてはずしてもらったとのこと。

そして「コーヒー飲みに行こ!」と、スタスタと歩いていく。。。

( ̄ェ ̄;) エッ? そんなことしてイイの?
すごいな、、、  昨日、手術した人とは思えん・・・ と、感心しきりだった。。。


途中、同じく昨日、首の手術を受けた人と廊下で会った。
「お! 同期の桜!!」 と、二人。 
「あとで、タバコ吸いに行くの、誘うわ」とかなんとか、コソコソ話す・・・  

私が、「はぁ? なんですとぉー??」と、怪訝な顔をすると、
そそくさと、会釈して別れようとしたその時・・・
二人は、お辞儀ができないことに気づく。

首が固定されてるので、左右に向くときは、まるでフランケンシュタインのように
体ごと動かしている。 
でも、お辞儀は、首が前に下がるとさすがに痛いらしい。
二人は、モゴモゴした末に、立ったまま、膝をピョコンと曲げた。。。 同時に・・・

ごっついオッサン同士、膝を曲げて、ピョコンと挨拶・・・

もう。。。。。。。 _(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!! 

あたしゃ、廊下で、お腹抱えて笑ってしまったよ・・・


なんだか、思ったより、長くなっちゃったな。。。( ̄▽ ̄)
じゃ、次は、退院から現在までの話を。
[PR]
by maryqueen | 2008-02-19 21:08 | 家族
先日のオフ会に行けなかった理由、夫の手術のことを少し。

数年前から、夫は、座った姿勢で長時間いると、
手のしびれ、そして肩甲骨のあたりの激痛に悩まされていた。
最初は、カイロプラクティクなどに通っていたが、原因解明のために受診を勧めたの。

すると、頚椎の神経が通る管(脊柱管)が、骨の変形により狭くなっていて
神経を圧迫しているとのこと。
この症状は、日本人にはとても多いもので、その進行具合によっては
なんとなくしびれを感じる程度の人もいれば、全身麻痺もありうるというもの。

夫は、検査をしてみると、結構な骨の変形があり、
もしかして、ちょっとしたムチウチのようなショックが首にかかるだけでも、
全身麻痺になる可能性があるということだった。

実は、この病気は、夫の父と同じものだった。
義父は、それまでしびれや痛みがあったのに、病院に行かず、
最終的には、首から下がまったく動かない全身麻痺で、4年間寝たきりになっていた。

最初の受診で、夫は、主治医からこの説明を聞き、ショックを受けながらも、
このままでは危ないと思い、さっさと手術の日を決めて帰ってきた。
この主治医は、この手術の権威で、手術は1年待ちの状態。
私も、えらいことになったな・・・と思っていた。

それが、3年前の話。

でもその後、手術を2回、すっぽかしたのだった・・・

手術日が近づいてくると、病院から連絡がある。
そうすると、やっぱり怖気づき、「今はまだいいかな・・・」と、手術を断っていた。

でも、義父が亡くなり、正月明けには、今までごまかしていた痛みが復活。
自分でも、このまま、ずっと痛みを我慢した生活は嫌だと思ったらしく、
思い切って、再受診し、手術はキャンセル待ちということになった。

過去2回もすっぽかしているので、今回は、主治医に「本当に受けるんですね!!!」と
かなりしつこく念を押されたとのことで、やめるわけにいかない状態に追い込んで。。。

それでも、早くても2月中旬以降だろうということだったので、
私も、それなりに2月の仕事を調節してもらっていたのだった。


ところが!!!

手術は1月30日に決定!!!

それは、5日前の電話だったわけで・・・・・・( ̄。 ̄;)


後編につづく~~。。。 (= ̄∇ ̄=)


主治医のHP → ここ

手や足のしびれや痛みを感じることがあったら、ちょっと覗いてみては?
症状や独自の手術方法が、詳しく書いていますよん。
[PR]
by maryqueen | 2008-02-18 21:15 | 家族
久々のブログ更新・・・ はは   今年も、もう2月も半分過ぎてますな。。。


今年の冬は、近畿中部、南部でも雪が降ってるらしい。
名古屋や東京でも積雪があり、交通はマヒし、大変だったとか・・・

でも、私の住む滋賀北部では、まぁ、雪は降るけど、めだって積もらない。
なんか、「今年は雪、少ないねぇ~」というのが、挨拶になったりしてる。。。

それでも、昨日の夕方は寒かった・・・
ほんとに久々に、ワンコの散歩で、顔や手が凍るかと思うような寒さだった。

そして、今朝は、雪が20cmほど積もってた。

ということで、今年はまだ作ってなかった、恒例の「雪だるマン」作成~!

d0066133_222419.jpg


今年は、赤毛でギターを持った 「赤毛の雪だるマン」

赤毛を毛糸で作り、なかなかな時間をかけて写真を撮ってたら、
雪だるマン、溶けてきたし・・・( ̄▽ ̄)



そして、今日は、バレンタインデーだったね。
いつものスーパーのチョコ売り場は、もうあんまり商品がなかったなぁ。
買って食べるなら、中途半端なんじゃなく、高級チョコなんぞを食べてみたいけど
そんなの買う気しないし(いただけるなら、嬉しいけどさ)
なので、作ることにした。


昨年、地元FMラジオで紹介してた、 「ココアショートブレッド」ってのに挑戦。

d0066133_22331419.jpg


これ、ほんとに簡単なの。

<材料>
小麦粉 120グラム
バター 80グラム
砂糖 40グラム
ココア 大さじ 2


粉類にバターを混ぜ込み、ひとつにまとめて、タルト皿に平らになるように入れる。
アーモンドとか、クルミを乗せても良し。 15分冷蔵庫で寝かす。
オーブン170℃で30分焼く。


これだけ・・・  なんて簡単なの~♪(= ̄∇ ̄=)

ショートブレッドなので、サクサク感があるのよね。
私は、もう少ししっとりしてるのが好きなんだけど、まぁ、これはこれで美味しい。

お試しください。 これなら小さなお子ちゃまでも、できそーよ。 うん
[PR]
by maryqueen | 2008-02-14 22:53 | 生活