メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

↑↑ しかし、なんちゅータイトルのイベントでしょーか。。。

ある時は超技巧ベースマン、そしてまたある時は、絶叫半裸のボーカリスト、
神出鬼没、名古屋に住むスーパーエンターテイナーはじめちゃん。(ゴマすりすり・・・)

彼が、自分のバンド「The Sons Of Eve」を引き連れ、
おなじみ京都のライブハウスBBAで大騒ぎライブをすることになった。

例によって例のごとく、私も参加。
今回は、QUEENオンリーのイベントじゃないし、なんといっても前回のBBAでずっこけボーカルを披露してしまったワタクシ・・・( ̄▽ ̄; 観客として参加しようと思っていた。
ところが、数日前、はじめちゃんからコーラス隊参加指令がくだった。
うれしいやら、恥ずかしいやら。。。 しかも3曲もあるし・・・
でもYKさんと一緒だということで、お歌はYKさんにお任せして、私は賑やかしに
参加させてもらうことにした。

4月29日 いざBBAへ。
中に入ると、いつもの楽しいメンバーの顔が並んでいる。
私なんかの新参者にでも、目が合うと、「よっ!メリーさん、こんちは!」って
声をかけてくれる。なんか、ライブハウスの常連みたいでうれしいなぁ~。。。うふ

6時半、はじめちゃん受胎ツアー 淫京都が始まった。
楽曲に関しては、きっと誰か詳しいレポができると思うので、私は簡単に・・・(他力本願)
いつものQUEENオンリーではなく、ベイシティ・ローラーズあり、RUSHあり、
ピンク・フロイドあり、ところどころにポップなナンバーあり、
まったくお客を飽きさせない見事な構成。

そして、最後ははじめちゃん率いるThe Sons Of Eveの登場。
EL&P の曲が始まった。。。 これが、またすごいんだ。。。
Voyagerさんの激しいキーボード、ニコリともせず、ひたすらドラムを叩き続けるカ~ル・パ~マンさん。
そして、ほんとにほんとに、楽しそうに嬉しそうにベースをかき鳴らしていたはじめちゃん。
はじめちゃんは、QUEENを演ってるときの顔つきと、ぜんぜん違う。
d0066133_21451349.jpg
なんていうか、生き生きしてるように見えた。まぁ、自分のバンドだし、自分を表現する喜び、そして、BBAいっぱいに集まったお客さんへの感謝の気持ち、そんなのが顔、いや体全体からあふれ出てるように見えた。
マジで気持ちよさそうに弾いてたもの。
ね、そーでしょ、はじめちゃん。

私はといえば、プログレは、暗く長く、複雑な曲構成のものが多く、はっきり言って、しっかりまともに聴いたのは、学生の頃以来、20数年ぶりだわ・・・
懐かしさと、新鮮さと、あらためて高度なテクニックが必要なんだな~と感じた。
いやいや、まったく、このThe Sons Of Eveのライブに来なければ、こんな感動も味わえなかったわけだ。感謝感謝!!

ライブは、興奮と感動の中で、無事終了した後、
ここで遠方から京都へお越しのお客さんにサービスということで、
ライブハウスRAGのオーナーのお嬢さんが、着物姿で現れ、なんと藤娘を披露。
さっきまでガンガンの重低音が響いていた会場に、おしとやかにちんとんしゃんの音楽。
お嬢さんは、少し狭いフロアで踊りにくそうではあったけど、みごとに藤娘を踊りきった。
おっさんおばさん、かぶりつきの状態の中で、少しも物怖じしない。
これまた、しっかりした将来頼もしい女性になるだろうね~。

d0066133_2146399.jpg最終電車の行った後、残ったのは、十数人。オール組みだ。
私も初めて徹夜組に加わわった。寝そうなヤツは、「寝るなーー!」と起こし、
帰るという人には、「まだ帰るなーー!」と引き止め・・・( ̄▽ ̄)
結局朝の5時まで、うだうだぐだぐだと話し続け、すでに明るくなってようやく始発が動く頃にBBAをあとにした。

↑ よっしい☆のベースを触らせもらって、記念写真。うれしい!

疲れたけれど、楽しかった。
いつものイベントは、大音響の中、ほとんど話すことができない。
顔をあわせても、挨拶くらいで、帰ってしまうことになる。
でも、今回は、ちょっとビールを片手に(実際コップ半分しか飲んでないけど)
ずっと流れ続けていた、70年代のミュージックビデオを見ながら、
時には一緒に口ずさみながら、時には真剣な話しをしながら、大笑いしながら
エッチな話しをしながら。。。  ほんとに楽しかった~。

まぁ、みんなかなりの酔っ払いだったし、眠気にも襲われていたので
話の中身は覚えてないかもしれないけどね・・・( ̄‥ ̄)=3 フン 私は覚えてるけど。。
あらためて、お会いした皆さん、そして朝まで酔っ払いをおいてくださったBBAマスター、
ほんとに、ありがとうございました!

最終組に残っていた主婦は、3人・・・
うちは大丈夫だったけど、他のおうちでは、何事もなかったでしょうか。。。
ちょっと心配だにゃ。
[PR]
by maryqueen | 2006-04-30 21:41 | 音楽
では、ニューカレドニア旅行の続きを・・・

3月26日
朝8時起床、 うげーーっ!雨降ってるーー!?なんちゅーこっちゃ!!
もうこっちに3日もいるのに、まだ南の島の日差しを見ていないぞ!
蒸し暑いだけやんかー!
しかも、体中、筋肉痛・・・ うぅ。。。 ダイビングのせいだ。。。
口を開けると、両あごの付け根が痛む・・・ 
そんなにレギュレーターを噛みしめていた。。。ということか。。。(/ω\)ハズカシーイ
初心者は、緊張のあまり、くわえるところを思いっきり噛みしめ、
噛み切ってしまう人もいる・・・というが、気持ちはよくわかる。。。うんうん (T。T)

朝食は、雨も降っているし、ホテル内の朝食ルームでとることにした。
レストランではなく、朝食ルーム?
行ってみると、なんと1ベッドルームの普通の部屋に、テーブルがいくつか並んでいる。
なるほど、キッチンもついているコンドミニアムだから、簡単なものならできるわね。
パン、コーヒー(or ホットチョコレート)、オレンジジュースがついて982cfp(1130円程)。クロワッサンも美味しいし、コーヒーも2杯分あるし、目玉焼きがなくてもいいやん。

今日は、リフー島に行くので、荷作り開始。
昼12時にピックアップ。
しかし、蒸し暑い・・・ すでに汗がダラダラ流れる。

国内線マジェンタ空港へ。チケットを手配してくれた現地ガイドさんが
細やかに対応してくれる。なぜなら、リフーには日本語のできるガイドがいないから。
丁寧に、リフー島での過ごし方、こっちへの帰り方を教えてくれる。
すっげー不安・・・ 無事にここへ帰ってこれるだろうか・・・( ̄▽ ̄)

d0066133_23202040.jpg
午後1時、
またまた汗をかきかき、プロペラ機へ。
約35分のフライト。やっぱ小さいのは
揺れるねぇ~。。。 気持ち悪いし。。。

リフーの小さな空港に着いたとたんに、
ものすごい日差し!!


うぉぉぉぉ!南の島だ!やっと実感。。。
しかーーーし。。。むしむしむし。。。あ゛ーーーづーーーい゛ーーー!!
おまけにホテルまでの車は、エアコンなしーーー!o(T^T)o ひぃ~

エアコンなしの車は、当然、窓を開け走るのだけど、
運ちゃんは、道ですれ違う人に、必ず手を上げて挨拶する。
中には、家の方に向かって手を上げ、「ボンジュ~~~ル!」と。
道路沿いの家は、もちろんドアは開きっぱなしなので、
中で寝ころがってる人は、体を半分起こし、手を振り返す。
はっきりいって、すごい挨拶だ・・・ 

この島は、いろんな古くからのしきたりがあるので、旅行者は常に
お邪魔させてもらっているという気持ちを持つようにしてくださいねと、
旅行社の人にも言われていた。特に挨拶は重要だ!と。。。
でも、ここまで徹底しているとは思わなかった。

d0066133_2328311.jpgやがてリフー島での宿泊施設、
「ドレウ・ヴィラージュ」に着いた。

そんなに大きくないホテルで、
敷地内にコテージが点在する。
←泊まったコテージ



d0066133_23292074.jpgそして、ホテルに着いたとたんに出迎えてくれたのは、真っ黒な子犬。
うわっ!かわいい!・・・ 
その後ろにも、真っ黒の犬。
お、また違うのが来た。こいつの母ちゃんか?と思ったら、祖母ちゃんだとか。
そしてその後ろにも・・・ おいおい、ワンコどれだけ居るんですか?

↑いちばん愛想がいいワンコ、「ブバ」
ワンコはゾロゾロ出てきて・・・ 7匹くらいはいるみたいで、みんなホテルドッグだそうだ。
犬達は、ホテルの敷地内を縦横無尽に走り回っている。
犬嫌いの人は、ここには泊まれないかもね。。。

さて、昼飯は食べていないんだけど、もう2時過ぎてるし、
ホテル前のスーパーも、今日は日曜なので、昼からは休みらしい。
夕食は7時からだし・・・ 
もしかしたら、近くのスタンドバーは開いてたかもしれないが、その時は知らなかった。
仕方なく、ヌメアのAQUAで買ったチョコで、空腹をしのぐ。
こんなにひもじい、また食べに行くと高くつくリゾートは初めてだわ・・・

d0066133_23353228.jpg
バンガロー前のビーチを散策する。
海は間違いなく、南の海の色だし、白浜はパウダーサンド。

d0066133_2336513.jpgワンコはあちこちにいて、とても人懐っこい。呼べばすぐ飛んでくる。
でも、このワンコたち、潮水・潮風にさらされていて、毛は固まった状態。
しかも、ヤツらの周りには、常に数匹のハエが飛んでいる。
だから、呼ぶと喜んで来るんだけど、ハエまで連れてくる。ちょっと迷惑だわ。


夕食は、ホテルで。離島になると、食事はほとんどホテルで食べることになる。
なので、このホテルのように、日替わりのメニューがあるのは、助かるなぁ。
まずは、無事にお腹もふくれたので、良かった良かった。。。

明日はレンタカーを借りて、ダイビングに出かける。
朝早くから出発するので、前日から借りることになったが、
料金は明日からになった。ラッキー!
デポジット10万円のサインもなかったような・・・?いいのかな。ま、いっか。

じゃ、明日のダイビングに備えて、寝ますか・・・ まだ10時半だけど・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-04-24 23:45 |

私のお花見

あぁ。。。せっかく書いた記事、一瞬のミスにて消去。。。 書き直しぢゃ・・・o(T^T)o ウー 
旅行記も、なかなか進まないので、ちょっと違う話を書こうと思ってさ・・・ はぁ~。。。

おし!気を取り直して・・・

関西圏の桜、南の方はもう散ってしまったかもしれないけど
滋賀北部は、ただいま満開~。うれしい!なんかウキウキする。

滋賀北西部のマキノ町、地図でいうと、琵琶湖のてっぺんから、
やや西(左)側に海津大崎がある。ここは滋賀でも有数の、桜の花見スポット。
樹齢60年を越える600本の華麗な「ソメイヨシノ」が、びわ湖岸延々4㎞にわたり
桜のトンネルをつくっている。
私は、毎年ここへ桜を見に来る。家からでも、車で20分くらいだし。
でも、ここは、湖岸沿いに細い道しかなく、大きな駐車場もない。
なので、土日は超満員。大渋滞になる。そこで今年は、4月14・15日の土日を
車両通行止めにしていたらしい。

私は、そんな日には行かない。ぜったいに平日、しかも夕方。
昨日は、仕事帰りに寄ってみることにした。

d0066133_16495715.jpg

(ちなみに↑の写真の場所は、「桜ふぶき」として絵を描いたことあり)

d0066133_1655119.jpg

日差しがなくて残念~。。。
夕方3時半を過ぎていたけれど、
結構、まだ人がいるなぁ~。。。
路肩の空いたところに、車をねじ込み、
一番入り口の桜スポットまで走る。
うんうん、満開!

d0066133_18233047.jpg右側は琵琶湖で、桜の左側は山。
ここは、海津大崎西側から入って、
最初の花見ポイント。
さっきまで晴れてた天気は、
急に曇ってきて風もきつい。。。
うぅ~~~ さ・・・さむい・・・  
いつもならここに座って、缶コーヒーを飲むところだが、とても座っていられない。
数枚の写真を撮って、また走って車に乗り込んだ。

d0066133_170158.jpg海津大崎に居た時間、10分。。。
ま、こんなもんでしょ。。。( ̄▽ ̄)はは
帰りに、琵琶湖側から海津を見てみた。
ちょっと遠いけど、花見の時期には
水上タクシーや、カヌーの貸し出し、
また、ホテルからのお花見クルーズが出たりするので、湖上からの桜も楽しめる。
もちろん、もっと近くで・・・(⌒▽⌒)
天気が良いとイイけど。


そうそう、この海津大崎に、ちょっと気になる宿がある。
「奥琵琶湖 四季亭」という貸し別荘。
HPでは、内部の写真も公開してたのね。。。 一棟貸しで、大人数向きか。ふむふむ
前はよく通るが、貸し別荘だからか、開いてるのは見たことがなかった。
でも、昨日は、花見客を相手に商売・・・というところか
玄関が開いてて、「コーヒー飲めます」と書いてあった。喫茶として開いてたのかな。
外見は、古い日本家屋。ちらっと覗いたところでは、湖岸に建っているので、
縁側を開けると、ドバ~~ッと琵琶湖が望める・・・ようだ。

一度、中に入ってみたいし、この桜が咲いている間に、もう一回行ってみるかな。
[PR]
by maryqueen | 2006-04-20 17:17 | 生活
3月25日 (後半)
いろいろあったダイビングも終わり、部屋に戻った。 はひぃ・・・
午後1時半・・・ とりあえずシャワーをして着替える。
お腹はすいているが、レストランは昼の2時になると、閉まってしまうところが多いようだ。
あちこち探して食べに行くのも面倒だし、昨日スーパーで買っておいたサラダや
果物、ヨーグルトなんかですませることにした。

そして、ディナー時間というのが、たいていの店は夜7時にならないと開かないとのこと。
d0066133_2216620.jpg
それまで暇なので、洗濯をすることにした。
今回、泊まっているホテルは、コンドミニアムの
カサ・デル・ソル。
右の奥の部屋がベッドルーム。
右のは、着いた日の夜中に、必死で作ったソファベッド。


d0066133_22161883.jpg台所や洗濯機もついている
1ベッドルーム&LDK。
明るくてとても広くて快適な部屋だ。
乾燥機もあり、アイロンも完備している。
さて、洗濯ババアに変身するぞ。
手でしこしこ洗わなくていいのが、うれすぃな!


しかし、洗濯機は表示がすべてフランス語だ。さっぱりわからん・・・
そこで、AQUAの女将さんがHPでアップしている「洗濯機の使い方」を取り出す。
実は、昨日AQUAの旦那さんにもらったのだった。
これがまた、素晴らしくわかりやすく解説してあったので、バッチリ機械を動かせた。
うれすぃ~!ありがとーー!今後、カサ・デル・ソル利用予定の人は、必携だね。

さて、今夜の夕食はどうしますか?
フランス料理?いやいや、今夜は、食後にカジノに行きたいということもあり、
近くですませることにした。
ということで、昨日ランチで食べたポルトガル料理の隣のアジア料理の店。
PARFUMES D'ASIE これまた、AQUAのはす向かい。店番してる旦那が見えるぞ!
d0066133_22465816.jpgニューカレにきて、なんでアジア?
ん~ でも、ここでベトナム料理あるし。。。
←AQUAの旦那さんお薦めの「ブンボ」があった。
米の麺の上に牛肉と、春巻き(ネム)を乗せ、ニョクマムソースでいただくベトナム料理。ブンチャ(豚肉が乗ってる)のより、こっちの方がイイよと聞いたのさ。 うん、美味いっす。
ちょっとパクチーが効いてるけど・・・

d0066133_2254070.jpg←夫が頼んだもの。
越式海鮮酢(?)スープみたいな名前。
これは、酸っぱいけど辛くないトムヤムクン?
これって、AQUAの旦那からやめといた方がいいよと言われた代物では・・・
だって、中には、イイダコやスターフルーツ、パイナップルが・・・ ううむ、なんかヘンだ。。。

隣のポルトガル料理店の店のおじちゃん、夫がビールを頼むごとに、こちらを見て笑う。
また、ガンガン飲んでるな・・・と思ってるんだろうなぁ~。。。

さて、お腹がいっぱいになったところで、いよいよカジノへ行くことにした。
カジノは、18歳以上ならばOK。ということで、息子もギリギリ入れるのだ。
ただ、リゾートとはいえ、服装もちょっとは考えねばならないとのこと。
男性は襟付きのポロに靴、女性はワンピースなら問題なしなどとガイド本にはあるけれど
息子はサンダル履きでニューカレに来ていた。靴がないってこと。。。
サンダルといえど、黒のスポーツサンダル。夫の黒っぽい靴下を履いてサンダルを。。。
靴に見える?なんかちょっと、ヘンだけど・・・ まいっか。。。((((((((( ̄▽ ̄)はは・・・

d0066133_0133836.jpgカジノはヌメアに2軒。ル・メリディアンと、ノボテル・サーフに併設されているらしい。
ノボテルの「ロイヤル・カジノ」なら歩いていけるので、ここに行くことにした。

ホテル・ノボテル・サーフは、なんでもストライキとかで、休業中だって。
でもカジノは開いている。。。 ふ~ん。。。
カジノの入り口に着いた。 パスポートを提示する。 まっすぐ行けばスロットマシンの部屋。
そして受付の後ろにあるドアのむこうでは、ルーレットやカードゲームをやっているらしい。
息子は、まず、ルーレットの方に行きたいというので、その秘密めいた部屋に入った。
しかし、なんや・・・ 靴のチェックなんかないやん。。。 
あたしゃ、受付にでっかい警備員なんかがいて、服装がダメなら追い返されるのかと
思ってたけど違うのねん・・・ 考えすぎでしたわん・・・( ̄‥ ̄)=3 フン

中は・・・ ふ~ん 何の変哲もない、普通の部屋。 そんなに大きくもない。
なんか、ラスベガスの、ど派手なキラキラしたしたイメージを持ってた私としては
ちょっと拍子抜け・・・って感じ。でも、うちら家族は、なにせ初体験なので、
部屋に入った直後から、緊張でカッキーーンと硬直状態だった・・・ (/ω\)ハズカシーイ
開かれてるルーレット台は3台と、まわりにカード台が3台。
カード台では、ブラックジャックやバカラをやっている。
少し年配の客が多く、みんなそれぞれが、チップをかけて楽しんでいた。。。
しばらくウロウロと見てまわったが、どうやって参加するのかがわからない。。。
意外に日本人はゼロ。
仕方がないので、意を決して、フロントで聞いてみた。
すると、紳士が出てきてくれて、ゆっくりとした英語で丁寧に参加の仕方を教えてくれた。
そっか、どこでもいいんか。ルーレットなんかは、勝手に賭けりゃいいんや。
1台のルーレット台の隅っこに座った息子。 ほれ、賭けてみぃ~って!!とつつくと
これまた、緊張しながら、一番手前のところに、ささっと、たった1枚のチップを置く。
はずれ・・・ ほら、もう一回! また同じところに、ささっと・・・ 何やってんだか。。。

そうこうしてるうちに、何度かチップが返ってくるようになった。
ふと気がつくと、夫がチップを持っている。。。 へ?いつの間に換えてきた??
そして、2人で身を乗り出して、台の遠くの方まで賭け始めた。
あらら、火がついちゃったのか・・・? ( ̄。 ̄;) まぁ、ほどほどにお願いします。
私はといえば、周りの人のウォッチング。 
1人のおばさんは、カードゲーム台に居ながらにして、ルーレットのディーラーに
チップを置いてもらっている。すっげーパワフルだ。
ロック歌手みたいな若者が、ポケットからクシャクシャの札をルーレット台に投げる。
ディーラーは、ムッとした表情で、丁寧に札を伸ばしてチップに換える。
いろんな人がいるもんだ・・・

結局、12時頃までルーレット部屋にいたが、そんなに大きな額を賭けてたわけではないので、1200cfp(1400円程度)をすっただけだった。はは、かわいいねぇ~。。。

その後、スロットマシンの部屋に行ってみた。
ここは、一般に開放されているらしく、服装だって雰囲気だって堅苦しくない。
さっきみたいな静かな緊張感は全くなく、賑やかだし。。。
ま、普通に日本のパチンコ屋と同じだわ。 では、ちょっとだけやってみましょ。
とりあえず2000cfpをコインに換えて・・・ ほんの5分ほどで、なくなっちゃった・・・
ってことで、ここはこれにて終了!

ドキドキのカジノ体験は、無事に終わった。
「おもしろかったー。思いきって、行って良かったー」と3人で話しながら帰ったのだった。
靴下にサンダル履き・・・ 追い返されなくて良かった良かった・・・( ̄m ̄*)ふふ

明日は、リフー島に行く。 せめて明日は、晴れるといいなぁ~。。。
[PR]
by maryqueen | 2006-04-16 00:33 |
3月25日 
朝、6時起床。 曇り・・・ えーーっ?まだ晴れない?
AQUAの旦那さん曰く 「サイクロンはもう行ってしまったので、もう明日には晴れるはず」
でも、ダメですねぇ~  なかなか手ごわいサイクロンの尻尾だわ。。。
ぜんぜん南の島の日差しがなく、ただ蒸し暑いだけですやん。

さてさて、今日はダイビングの日。
うちは家族みんながダイバー。 しかーーし、私は、まだたった14本しか潜ってない
へっぽこダイバー・・・ めちゃめちゃ不安な朝を迎えた。

だいたい40歳を超えてからのライセンス取得。ほんとに大変だったんだから・・・(TωT)
海の中で息ができる。そして、それはそれは美しい景色や魚を見ることができる。
そこんところは大好きだ。でも、そこに行くには、潜らねば・・・(当たり前やん・・・)
家族だけのパーティーならいいけど、他のお客さんと一緒だと、
私が足を引っ張ることになったら、みんなに迷惑がかかる。上手くいけるだろうか・・・
第一、海の中で足がつったり、エアが出なかったり、事故に会わないだろうか。。。など
いろんなことを考えだすと、どんどん憂鬱になってくる・・・

朝7時、ダイビングショップの車でピックアップ。
桟橋から小さなボートで海に出て、クルーザーに乗り込む。
客は9人。2名をのぞき、あとは日本人。
お互いに挨拶をする中で、ある女性は「私、まだ40本くらいなので。。。」と・・・
( ̄д ̄;)ガガーーン よけいに緊張しますやん・・・ ドキドキで不整脈さえ感じる始末。
なんだかやな予感・・・

沖へ20分ほど行ったところで船は停止。
ガイドは日本人の女性だったので、ゆっくり行ってもらうようにお願いした。

さぁ、みんなが次々と海に入っていく。
私も行かなきゃ・・・ 意を決してエントリー。 ん?なんか腰の辺りでブクブクしてる。
ジャケットからエア漏れ?近くにいた夫に見てもらうが、そのうちブクブクがなくなり
異常ないとのこと。 では、海の中の集合場所へ。。。

・・・でも、進まない・・・ え!? あかんやん!急がんと。。。と思ったとたん・・・
息ができなくなった!!落ち着こうと、呼吸を整えるつもりが、よけいに苦しくなる。
ヤバイ!ガイドのおねーさんが、「行きましょう」と言うが、「ちょっと待ってぇー!」と叫ぶ。
この時、ほんとはくわえているレギュレーターごと顔を海につけると、呼吸ができるのに
パニくって顔を上に出してしまっていた。水面に出ると、エアは出にくくなるのに・・・
おまけに、レギュレーターをはずしたので、波が口に入って息ができない。
頭ではやってはいけないとわかっていること、全部やってた・・・私。。 (/ω\)うぅ~

必死で、船のロープにつかまり、呼吸を整える。深呼吸をして、ちょっと楽になった。。。
改めて、潜水開始。だって、みんなもう下にいるんだもん。。。

順調に潜行できている。良かった。。。 
18mくらいまで行った時、すぅ~っと体が沈んで行く感じがした。
メンバーの1人が、私に、ジャケットに少しエアを入れるように合図をしたので、
ほんの少し、ほんとにちょっとだけボタンを押して、エアを入れた。

すると、ぐいぐい浮上を始めたのだ!!!

ま、まずい!!エアを抜かなきゃ!でも出ない!! 
動けば動くほど、上に上がっていく・・・ 誰か助けてぇ~~~~~!!
このまま上に上がったら、私、減圧症になっちゃう?体の窒素、どーなるの?
いろいろ思いはするが、浮上は止まらない。
ガイドのおねーさんが、必死で追いかけて足をつかんでくれたが、
結局、水面に顔が出てしまった・・・
おねーさんは、「すぐに、一緒に潜行しましょう」と言い、わたしのジャケットをつかんで
無理やり再潜行。 ひぇ~っ! 私も、必死で耳抜きしなきゃ・・・

ようやく、下で待ってるみんなと合流。。。 呼吸も整い、なんとかついて行けそうだ。

ここはデュポワーズというポイント。フランス海軍の船が沈んでいて、漁礁になっている。
小さな魚はいっぱいいるし、船の中にも入って案内してくれる。
あまり細かいところまで、見ていられないというのが本音だけれど、必死でついていく。
安全停止での5分間、ロープを握りしめ、その後、一目散に船のはしごへ。
潜水時間40分。 はひぃ~ しんどかった・・・ みんなは、余裕の表情なのに。。。

船上で休憩していた時、オーナーは、私のインフレーターボタンのところに
オイルをさしてる・・・ へ?もしかして、さっきのは、私のせいじゃなかったのか?

2本目、不安を抱えながらも、エントリー。 おかーさん、頑張るでしょ・・・( ̄。 ̄;)
ブーラリパス(アウトサイド)というポイント。大物が見られるかも、というところらしい。
これがまた、ものすごい大波の中での潜行となった。
サイクロンは過ぎ去ったとはいうものの、まだまだ影響ありとのこと。
まぁ、今度は、呼吸は大丈夫。だけど、すごくうねりが大きい!
ついて行くのがやっとだ。揺れに体をまかせながら・・・と思うけれど
力が入って、キックしたり息が荒くなったりで、こりゃエアがすぐになくなりそう。
みんなはあちこちで、魚を見たり楽しんでいるようだけれど、
私はそんなことできんし・・・ とにかくみんなにくっついて行くのみ。
途中、やはりエア残量が100をきったので、先に上がらせてもらった。
ガイドのおねーさんに、手をつないでもらって・・・ 良かった。。。
マジ、しんどかった・・・

その後、上がってきたみんなも、「今日はきつかった」と話してたので
私だけがしんどかったんじゃないんや・・・とちょっと安心したりして・・・

とっても疲れたダイビングも終わった・・・ 無事に帰れたことに感謝しよ。

ってことで、天気も海の状況も良くない中で、ヘロヘロになってたので、写真もありませんねん。(実は1枚あるんだけど、私がとんでもない顔をしてるのでボツ。。)

この日の夜、カジノ初体験。 レポ、乞うご期待!
[PR]
by maryqueen | 2006-04-14 01:41 |

すみません、、、

今、レスを含めて、記事も書いちゃおうか・・・と思いましたが、
先ほどから、めちゃくちゃ眠くなってきました。

明日は、事務所で缶詰を命じられた日。
なので、明日の夜まで、PCを開けられません。 
書き込みいただいた皆さま、ごめんなさい。

では、明日! おやすみなさい~   あ。。。 意識がなくなる・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-04-13 00:41 | 生活
2006年 3月23日(木) 

わんこメリーは、いつもなら近くの動物病院に預けていくところだが、
8泊9日となると預け代もバカにならず、今回は、妹の子供達(甥っ子)達に、
世話を頼んできた。わんこも知った顔の中だと、少しは安心するかなとも思うし。

ニューカレドニアへは、昼前出発の予定。
万が一の場合を考えて、そしてゆっくり時間に余裕を持つためにも、
空港近くで前泊することにした。ちょっと裏技で、名のあるホテルにもかかわらず
1泊朝食付きで3800円(うち朝食は2000円)・・・ マジですか?
うはは・・・笑うしかないな・・・(= ̄∇ ̄=)

朝、ホテルで目覚める。 
息子から、「いびきの大合唱やったで。」と・・・ (/ω\)ハズカシーイ
どーするよ、これから8日間ずっと同室ですけど・・・ 

関空 AM11:30発 エアカラン881便 
順調に乗り込み、滑走路に動き始めた時、後ろの方で誰かが叫んだ。
振り向くと、座席に座った外国人男性が、目をむいて激しくケイレンしている。

げげっ!こりゃ、たいへんだ。。。 まだ飛んでなくて良かった。 
機内に医者はいるのかな?ドラマのような放送はあるかなぁ。。。
いろんなことを考えていたら、機内放送があった。フランス語・英語、そして日本語。
「機内に急病人がでました。お客さまの中に“お客さま”はいらっしゃいますでしょうか?」

へ?( ̄▽ ̄)? なんですか?お客さま? 

いやいや、客なら、たんまり居ますが・・・  訂正がなかったのが、プライドの表れかも。

医者は居たようで、床に寝かせて、緊急の気管内送管したり・・・ あたりは騒然。
そのうち本人は意識は戻ったようす。エコノミー座席から出て行った。
飛行機を降りたのか、ビジネス席に移動したのか、よくわからない。

1時間の遅れをとって、ようやく出発した。これから8.5時間。長いよなぁ~・・・

3月24日、ニューカレドニア到着。現地時間は、夜12時。雨・・・ 蒸し暑いーーーっ!
南の島特有のモアモア~~っとした湿気。
ホテルに着いたのは、1時。シャワーを浴びて、寝転びたいぞ・・・
ところが、トリプルで予約したにもかかわらず、ダブルベッドがひとつのみ。
エアコンのリモコンもない。 あ゛ーづーい゛ーー!
すぐに、フロントへ連絡。しばらくして、シーツと枕、毛布を持ってきてくれた。
勝手にソファをベッドにしろってことですか。。。
エアコンのリモコンは、どこかの部屋のモノを調達してきたらしい。
ま、良いんだけどね。。。 オーストラリアでは部屋がない!と追い出されたこともあるし。
まだ、すぐにシーツをくれたんだし、仕事は早い方だわ。 ( ̄ー ̄)うんうん
機内で、夕食に軽食が出たのみで、お腹はすいてるが、水しかないので、寝ますか。

朝、8時半起床。 曇り時々雨・・・ えぇ~!?雨なの~?青空ないやん~。
d0066133_22272953.jpg

朝食は、ホテル横のシトロンショッピングセンターへ。(↑左側がショッピングセンター)
まだあまり店も開いてなく、客もまばら。モーニングを食べることにした。
1050cfp(パシフィック・フラン)=1200円くらい。
目玉焼きとパン・コーヒーで? 3人で3600円? いやん、高いやん・・・ 
冷房なしの店で、塩は湿気てて固まってるし(あ、これはバリでも同じ)。
いやいや、ここだけじゃない。ニューカレドニアって、物価高いのね。

このショッピングセンター内に、うわさのTシャツ屋さんAQUAがある。
店には、うわさの旦那さんがいた。あは、写真と同じ顔・・・(当たり前)
d0066133_22341378.jpg
そしてエンゾくん(看板犬)は、おやつを見せると、ずーっと頂戴ポーズをする。
しっかり、ガラス越しに客引きもする、かわいいワンちゃんだった。
旦那さんと、女将さんには、この後も細かい情報を教えてもらい助かった。

お昼は、AQUAの前にあるポルトガル料理「CASA PORTUGAL」に入る。
店にあった日本語メニューは、AQUAの旦那さん作とのこと・・・AQUAの広告付き。
d0066133_22354830.jpg私は食べたことがないポルトガル料理“シュラスコ”に挑戦。チキン美味かった~!
ここも1プレート(メイン+ポルトガル風ライス+サラダ)で1200cfp程度。それに夫が、ビールをガンガンいくので、昼から7000円も使ってしまった・・・マジ?なんて高いんだー!びっくりだー!(店員に驚かれるほど飲むからですが・・・)

ヌメアの街まで、バスで行くことにした。
ショッピングセンターから約20分で、中心街の公園に着く。
きれいに整備された公園で、大きな木や噴水、芝生があって、
人々があちこちに座っている。この風景は、バリなどと同じ。
昼間は木陰で座ってる人が、いっぱい居たもの。
休んでいるのか、ヒマヒマしているのか、仕事がないのか、どーだろう。。。
家族連れもいるが、若い人が多かったな。

高級店もあるようだが、うちら家族は興味なし。大型スーパーに入る。
野菜、高いね。アスパラガス数本で1080cfp?1300円?見間違えたか?
アスパラ、高級食材だったりして。。。フランスパンは安いし、種類もたくさんあるね。
フランスパン、買ったはいいけど、ゴロゴロとレジ台をころがし、袋もない。
確かにパリでも、パンは何も包まず、持って歩くのがカッコイイように見えるけど
なんだかなぁ~。。。 レジのおねーさんも、わしづかみだし・・・ ちょい抵抗あり。

この日の夕食は、「レストラン・カリプソ」で、大盛のシーフードを食べた。
d0066133_22364356.jpg写真は1人前6240cfp=7500円程度か。
この量だし、1人前でイイですって・・・
独自のルートで新鮮魚介類を仕入れているらしいので、安心して食べられる。
さすがに、こういうふれこみでガイドブックに紹介されている店だ。私たちのほかの客、すべて日本人客だったもの・・・ はは

だいたい、地元の人の夕食時間は、8時を過ぎてからだし、
7時に店に居るのは、たいてい日本人だわね。

なんだかんだ言っても、お腹がいっぱいになったら、ひと安心だ。
昨夜は、ひもじい思いをしたんだから・・・
明日は、ダイビング。 私、すっげー不安なんすけど・・・ ( ̄。 ̄;)
[PR]
by maryqueen | 2006-04-11 22:39 |
2006年1月・・・

今年は息子の大学受験の年。
お金もいるし、ましてや合格するかわからない状態だったのに、
夫は旅の計画を立て始めた。
行き先は、例によって南の島。目的は、のんびりするのと、ダイビング。
あちこちの行き先を検討して、そして、いくつかの候補の中から、
いままで、旅費が高くて敬遠していたニューカレドニアに決定した。
結構、あれこれ悩んだけれどね。
でも、ほんとに行くのか?受験はまだこれからなんだよぉ~。。。( ̄。 ̄;)

新婚旅行に行ったパリ&ドイツの旅以外、夫との海外旅行は、南のリゾート地ばかりだ。
行き先については、「メリーのホームページ 旅日記」参照。内容はまだですが。。。
3回目からは、息子を一緒に連れて行った。スーツケースにオムツを詰めてね。
親のエゴで、そんなところに連れまわすなんて、かわいそう・・・とも言われることもあり。
実際、帰国後、息子は、必ずといっていいほど熱出してたなぁ~。。。

さて、今回で家族の海外旅行は、14回目か・・・ 
この旅費、ためておけば、大学進学の資金面で、かな~り助かっただろうに。。。とほほ
でもでも、旅の思い出や体験は、お金には代えられない何かを得たんだろうなぁ。
と、そう思いたい。。。 (((((( ̄▽ ̄)

思い立ったが吉日!とばかりに、夫はさっそく、知り合いの旅行社に頼んできた。
というか、もう申し込みをしてきたのだった。
ニューカレドニアといえば・・・ フランス領・天国に一番近い島。。。程度の知識しかない。
ううむ・・・これではいけない。計画を立てるにしても、あまりの知識不足だわ。
そこで、ネットで知り合ったニューカレ在住のTシャツ屋さん、AQUAの旦那さんに
聞いてみることにした。まだ会ったことないのに、あつかましいったらありゃしないね。
メールをするや否や、旦那さん曰く、
「ニューカレに来るなら、ぜーーったい離島に行くのだよ!何はなくとも離島!離島ね!!」と、ものすごい念押しの返事をいただいた・・・ 
あれれ、どうしよう。。。 離島なしで、もう、すでに申し込んでるんですけど・・・

結局、知り合いの旅行社はキャンセルにした。
実は、ここのキャンセル、3回目なんですわ。
担当の○○さんからは、「・・・またですかぁ?」と言われたりして・・・ 

さてさて、旅のほうは、AQUAの旦那さんの推薦する旅行社でお願いし、
今度は中身をどうするのか決めていくことになった。
どんどん話は進んで行く中で、3月に入り、ようやく息子の進路が決まった。
この時点から、ようやく息子が旅行話に参加することができるようになった。
まぁ、それどころではなかったわけだし、私もこれで一安心だわさ。。。

家族での旅、こらからも行けるのかな。
もうこれで最後かもしれないな。 お金もなくなるしなぁ~。。。

じゃ、できるだけ、楽しく行きたいね。
もう、旅は始まってるんだから・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-04-10 22:33 |

怒涛の4日間・・・

ふぅ~。。。 疲れたぁ~。。。
この4日間、旅の思い出に浸る暇もなく、とても忙しい日々を過ごしていた・・・
仕事、家族のこと、なかなか思うように事が運ばないのに、時間だけが過ぎていく。。。

<1日 土曜>
アパートの管理会社へ、息子のアパートの鍵をもらいに行く。
アパートは、家から車で1時間半ほどの所なので、そんなに遠いところではない。
ただ、電車の接続が悪いのと、これを機会に一人で生活したい、させたいという意見が
親子の間で一致したので、お金はかかるけど、決行することになった。
部屋は6畳一間でバストイレ付。都会に比べれば安いだろうなぁ。
綺麗に掃除してあった。
ところが、肝心の息子は、本日より学校のオリエンテーションが始まり、登校して不在。
しかも今日は、おじいちゃんちに泊まる予定なので、わんこメリーも車に同乗。
なので、荷物がほとんど運べない。
わんこをおじいちゃんちに預けて、またアパートへ。
近くのスーパーで、最低限の生活用品を揃えてみる。

私・・・ なんか楽しい・・・♪(= ̄∇ ̄=) るん  
自分が一人暮らしするのをシュミレーションしたりして。
これはいるかな?いや、こんな物をあいつが使うわけがない。使い方すら知らないかも。
お、これ、安いやん!素で私が欲しい。うちで使おう。。。なんていうように
いろいろ買いたくなるので、適当なところでやめないと、時間がかかって仕方がない・・・

<2日 日曜>
息子はまた、1日学校へ。。。
ところが、この日、学校にアパートの鍵を持って行ってしまった。
しかも、この日は学校内で携帯の使用禁止だったようで、連絡が取れない。。。
仕方ないので、布団や机を車に積んだまま、動きが取れなくて時間だけが過ぎていく。。。
夕方、ようやく部屋へ運び込む。

<3日 月曜>
息子の入学式。関西でも屈指の大きなホールでのマンモス入学式。
私は、大学の入学式に行ったことがないので、行ってみたかった。
平日だし、最後まで参加を迷っていた夫も、結局同行することに。
式自体は淡々と進んだけれど、在校生歓迎イベントは楽しかった。
数あるサークルの中でも、代表で選ばれたサークルの紹介。
全日本や世界選手権に通用する演技の数々、これを現役の大学生がやっている。
新入生達は、素晴らしい演技を見て、きっと、自分達にもできるかも・・・という
大きな驚きと期待を感じていただろうなと思う。
なんといっても、うちの息子だけでなく、ここにいる数千人の若者達には
ほんとにこれから、楽しいことや面白いことがたくさんの未来があるんやなぁ~。。。と
思うと、普通に素直に、おばさんは感激・感動してしまった。。。(/ω\)うるる
でも、久々の都会。疲れた・・・ 普段履き慣れないパンプスは嫌いやぁー!
帰宅も遅かったし、明日から息子はアパートに行くので、近所の寿司屋で家族壮行会。
夫は、ベロンベロンになってしまった・・・

<4日 火曜>
息子は朝早くから、また学校へ。
私は、着替え一式、パソコン、自転車などを車に積み、またもやアパートへ。
荷物運搬、一人ではしんどいですやん・・・
昼過ぎに帰って、仕事へ。 今日は休みと違いますねん。  はふぅ。。。
夕方、息子からメール。
“便所、詰まってるみたいで、あふれそうになる・・・” げげっ!マジですか?
なんとか、今はあふれてないようだけど、少し様子をみるしかないか。。。
ひどくなれば、管理会社に言わないとね・・・
1日目から、波乱の一夜にならなければ良いけれど。大は、コンビニに行くとか( ̄▽ ̄)
でも、自転車で1分で、ラーメン替え玉付294円の店があり、幸せ・・・とのこと。

はは・・・ そーですか・・・( ̄▽ ̄)

私はといえば、夫はまだ帰ってこないので、先ほど一人で夕飯を食べた。
自分から出て行く一人のご飯と、送り出しての一人ご飯。
気分的にちょっとちがうよなぁ~。。。

ま、頑張りましょ。お互い・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-04-04 21:52 | 家族