メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:音楽( 64 )

9月30日、いつものライブハウス、京都北山のBBAにて、イベントがあった。
もう、2日前のことなので、あちらこちらで、参加者のレポが出来上がっている。
いつもなら、一番最初に書きあげて、みんなのレポに、コメントを残しているところだけど
今回は、いろいろあってね(意味深)、、、 今になってやっと、書く気になったわけだ。
どんなライブだったかは、だいたいあちこちに書いてあるので、
ここでは、私のことを書くことにする。私のブログなんだし、いいやんねぇ~。。。

今回は、以前ここで紹介したBrenda☆Night with MFCオーナー
ライブのお題は、あの青春のエアロスミス・キッス・ベイシティー・ローラーズ
みんなで演奏し、歌って踊って、楽しみましょう!というもの。
エントリー曲は、こんな感じ。

d0066133_040542.jpg当日、BBAのドアを開けて、ビックリ!!
あの人もこの人も、KISSのメイクだ。。。 
ジーンがいたり、ポールもいるし、ピーターだって、
エースも。。。 すっげー!みんなやる気満々だし。
見渡したけれど、誰も、エアロスミスのスティーブン・タイラーのメイクはいないな・・・
おし!やるなら、スティーブンやな・・・(どんなメイクや?)

と、そんなことを考えているうち、恐ろしい顔の(写真右上・ジーンの隈取メイクをした)
s@moさんが、「メリーさん!スティーブンのマイクにつける布ある?」と聞いてきた。

私は、楽器を演奏できない。
歌だってヘタっぴなんで、参加した充実感を得るには・・・ そうだ!小道具係!
という風に、勝手に考えて、ここんところ、いろんなモノを準備していた。

エアロスミスといえば、スティーブン・タイラーがスタンドマイクを振り回しながら
派手なアクション、しゃがれた声と派手な顔で叫びながらのパフォーマンス。
そのマイクには、必ず長い布が巻きつけられ、ヒラヒラさせるのだ。
その布、いくつかの100均ショップをまわり、家にあった私のスカーフとともに
キラキラバージョンと、アニマル柄バージョンの2つを用意したのだった。完璧だ!

s@moさんに布を渡そうと、カバンの中を見る。。。 
へ?( ̄◇ ̄;)!! ない?? なんで?? ハッ!(`ロ´;)  く、、、車の中だ!!!
あぁぁぁぁぁぁーーーーー!!車に忘れてきた。。。 

結局、カネルさんが用意してくれた、ベイシティー・ローラーズ用の
タータンチェック布・・・ これをマイクに。。。  いやん!ちがうのぉーー! 
ラメラメかアニマル柄を、選んでもらうつもりだったのぉー。。。 (ノ_-;)ハア…

まぁ、私ががっかりしていても、していなくても、当然、イベントは進行されるわけで。
タータンチェックの布をつけた、マイクで、すちーぶんは歌ったのであった。。

でも、小道具係り、いろいろ考えるのは、楽しいもんだ。

以前、イベントの宣伝に書いたブログで、ハンドベルがないので、
計量カップをスプーンで叩いてみようか・・・と書いたけれど、
幸いBBAには楽器用のカウベルがある。それを、カンカンカラカラやろうと思った。

が!その曲エアロスミスの「Walk This Way」の順番になった時、
カウベルがない!とのこと。。。 ううむ。。。ならば私の出る幕はないなぁ~と思ったら
s@moさんが、「ほら!メリーさん、これがあるよ!!」と手渡されたのが
アルミの灰皿二つ。。。 (; ̄ー ̄)...ン? 吉本名物ポコポコヘッドをしろと?
いやいや、それじゃ、これをカンカン叩いて、効果音としましょう!
この灰皿たたきは、前のビートルズイベントでもやったし、扱いには慣れてますとも!
このBBAで、灰皿を叩かせたら、私の右に出る者はいないのだー!
聞こえたのか聞こえすぎたのか、よくわからないけれど、カンカンやった。
演奏(というのか?笑)後、灰皿は、ボコボコになってた・・・

エアロスミス「Sweet Emotion」では、一部にトライアングルが入っている。
なので、実は、そのトライアングルを、ひそかに入手していたのだった。。。 
でも、チ~~ンと鳴らしてみると、、、 (´△`) えっ? 全然ちがう音だ。。。
安物はダメってことか、また、大きさだって違うと音色が違うのね・・・
おまけに、トライアングルの演奏の仕方が、驚くほどむずかしいのにも気づいた。
チ~ンならまだしも、チャカチャカチンチン・・・と、かなり歯切れよくしないと・・・
何日か練習してみたけど、結局、カッコよく鳴らせず、納得いかず、ボツ!

もひとつ、KISSといえば、ジーン・シモンズの口からダラダラと出る血!!
長~~い舌を、ベロベロと出すのに、血で真っ赤になってた方が雰囲気が出る。
でも、血のりや、ケチャップをダラダラ出すのは、ギターやフロアを汚すので、
それなら、口の中だけでも真っ赤に・・・
おぉーー!そうだ!うちに確か「食紅」があったはず・・・
出かける間際に思い出し、その小瓶を持って出てきたのだ。
イベント中でも、どれだけの量を口に入れたら、イイ感じになるか。。。 
苦いかな?試してないからなぁ~。。。 今、試しに私の口に入れてみる?
いろいろ考えてる間に、次々と曲は進行し、結局、出すことなくボツとなった。

でも、イベントは、みんなのエネルギー全開で、大興奮、大成功!
エアロスミスにも、ベイシティー・ローラーズにも、
KISSメイクの誰かが混じっているという、大変おもしろい状況だったが
誰もが楽しんでいるのが、よくわかったイベントだった。
ただ、参加者の平均年齢は、やや高めであったのは、
70年代青春ロック!ということで、仕方がないってとこかな~ はっは

d0066133_221845.jpg


家に帰ってから、ほんの少しだけ、食紅の赤い粉末を口に入れてみた。
もともと食品に色をつけるだけのモノ。苦いわけがない・・・あたりまえやん。。。
毎日食べるなら体に悪いけど、ほんの少しだけ。 みるみる真っ赤になっていく舌。 
ううむ、、、血、というより、イチゴのかき氷を食べた後。。。って感じか。(* ̄m ̄)フフ
[PR]
by maryqueen | 2006-10-02 23:10 | 音楽
朝夕、ちょっとは涼しくなってきたかな。
空き地からは、秋の虫・・・の声が、うるさいくらい聞こえてきている。

秋・・・といえば、ゲージツの秋(笑)
絵も描きたい気は山々なのだけど、最近、とんとご無沙汰だ。
それもこれも、最近の私の周りには、音楽関係の話題ばかりだから。。。

これから暮れにかけて、気になるイベントが目白押しなのだ。
おなじみ、京都のライブハウスBBA
ここで、毎月最低1回は、すごく行きたい!参加したい!イベントがあるのだ。
ここのライブハウスでは、初心者がステージに上がらせてもらってセッションができる。
なので、車中やカラオケで自主的練習をしたり、私もいっちょ前に、
そのためのリハーサルにも参加させてもらったり、今までにないくらい、
忙しく、そして楽しい時間を過ごさせてもらっている。

さて、一番ちかいイベントは・・・
“Brenda☆Night with MFCオーナー”である。
9月30日(土) ライブハウスBBAにて、観客参加型セッションがある。
今回のお題・・・いや、内容は、なんと!
KISS  AEROSMITH  BAY CITY ROLLERS

この青春のアイドル達の有名曲を、みんなで演ろうという企画。
エントリー表を載せておこう!興味ある方は、見てくだされ。
まだ、メンバー募集中の欄がチラホラありますねん。どなたかやってみません?
もう私なんか、ほんとに青春ど真ん中でしたやん。
それぞれに思い入れのある3グループなのだ。
特にエアロスミス・・・ もう今からワクワクですねん!!

でも、ワクワクなのは、なにも私だけでない。
それぞれの参加者にとって、これらは、少なからず思い出深い曲ばかりだろう。
私の音はずれで、へたっぴな歌では申し訳ない。。。
しかも、エアロスミスのボーカル、スティーブン・タイラーは・・・
Queenのフレディのように滑舌は良くないし、早口だし、声は割れてるし、
キーは高いし、歌詞はなんちゃって英語で覚えてるからと、歌詞カードを見てみたら、
字面を追っても歌えない・・・(文句ばっか・・・) うぅ~ 悲しい。。。 

だから、なんちゃってコーラス&効果音でもって、賑やかし隊で参加することにした。

私の参加曲・・・
エアロスミスの “Last Child” では、コーラスで、
“Walk This Way”では、効果音で・・・
前の“ビートルズ・セッション”の時にも、パーカッションとして、曲中に聴こえる音を
いろんなものを用いて、似た音を探し出し、本番で披露していた。
あの時は、灰皿をカンカン叩いたり、コップの水をストローでブクブクしたり。
これはこれで、非常に楽しかったし、みんなに初めて褒められたのが嬉しかった。
だから、今回も、参加を決めた時から「効果音探しの旅」に出たのだ・・・(* ̄m ̄)ウフ

この、“Walk This Way”を聴き込むと、パーカッションでポコポコという音がする。
ふむ。。。これなら、BBAにあったカウベルを叩くと、こんな音が出るかな。
そして、カランカランとハンドベルのような鐘の音がする。。。
みんなに聞いてみたけど、そんな鐘は持ってないとのこと。
金属製のボールのようなモノを、固いもので叩いたような音・・・
100均に行ってみた。キッチングッズ売り場で、いろんな大きさの金属製ボールを
スプーンで叩いてみる。。。 
カンカン、コンコン、ガンガン・・・ ちと、恥ずかしい・・・((((((((( ̄▽ ̄)
でも、ひとつ、見つけた!

ステンレスの計量カップを、スプーンで叩く。。。  音、似てるかも。。。

でも。。。 BBAのステージで、ハードロック!エアロスミスの曲中で、
計量カップとスプーン・・・ 合わねぇ~。。。  。゚(゚´Д`゚)゚。ウワァーン・・・

さて、どーしようかなぁ~。。。 本番まで、まだ「音探しの旅」は続くのであった・・・


最後に、自分ちのブログだからこそ書けること・・・
ただ今募集中、エアロスミス“Kings&Queens”のVo.。
今日、車の中で歌ってみた。絶叫だった。。。頭の血管が切れそうだった。。。
そんなこの曲、、、できたら、いつも色っぽく、しなやかに歌い上げる
Brendaさまに、歌ってもらいたい・・・( ̄ー ̄) 
メインで書いたら、歌いたいって思ってる人が入れなくなるから、ここに書いとこ。
あくまで、私のリクエストだもん。
[PR]
by maryqueen | 2006-09-01 00:51 | 音楽
ハッチポッチステーション
知る人ぞ知る、NHK教育の番組(2005年放送終了)。 一応(笑)、子供向け番組。

この中で“WHAT'S ENTERTAINMENT?”が、私のお気に入りのコーナーだった。
ここでは、グッチ裕三が、大物スター達のパロディで、童謡と洋楽を合体させて歌う。
服装から、振り付け、そして歌も、思いっきりパクっているが、内容は童謡。
これがもう、見事としか言いようがないくらい、素晴らしい作品になっている。

私は、この作品が、あまりに素晴らしいので、毎日毎日、録画していた。
ただ、今のようにDVDならば、時間予約しておいて、このコーナーだけを切り取り
編集できるのだけれど、それはそれ、ビデオだったし、実際、番組の中のどこで
このコーナーが始まるのかわからない・・・
だから、とにかく番組が始まる時間に、テレビの前で待機し、コーナーが始まるや否や
ポチッと録画ボタンを押す・・・ この繰り返しを続けてきたのだ!
私の帰りが遅い時には、息子に「頼むーー!!」と電話したりしてね。
そりはそりは、大変な思いをして録画してきた。

のちに、DVDデッキを購入したので、ビデオからHDDへ移し、きっちり編集しなおし
そしてやっとの思いで、DVDへ焼付け完了までこぎつけたのだ。。。

と、ところが!!!!!
最近流行の、You Tube・・・ もしかして、ここにあったりして。。。と
先ほど検索したら・・・    

うげぇ~~~っ!! あるやん!! 
私の集大成がいとも簡単に・・・ ガーン!( ̄□ ̄;)!!ゴーン!(; ̄□ ̄;)!!ギーン!

でもでも、ここにあげられているのは、9個。
私のは23個の作品! <(; ̄ ・ ̄)=3 エッヘン!

じゃ、お気に入りを紹介しよう。見たことがない人も、一度、ご覧あれ。

Queen “ボヘミアン・ラプソディ” で、「犬のおまわりさん」 by GUEEN

これは、Queenの“ボヘミアン~”のPVを忠実に再現。
歌詞も、原曲の歌詞になるべく似せた替え歌になっているところも、すごい!

ABBA “ダンシング・クィーン”で、「おはなしゆびさん」 by BABA

有名な曲なので、知ってる人も多いだろう。
中の歌詞で、“ダンシング・クィーン”が、“単身赴任”になっているのが爆笑!

もひとつ
Santana “ブラック・、マジック・ウーマン”で、「おうま」 by Yontana

名前がサンタナ→ヨンタナ この時点で、もう可笑しくて・・・
サンタナのギターを弾く表情が、もう。。。  ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

こんな風に、いろんな曲のパロディー作品なのだ。
実際、子供番組とはいえ、子供には理解不能で、親の方がはまっていたようだ。
原曲や、アーティストを知っているなら、思いっきり笑えると思う。


さて、タイトルに書いた、Brenda☆Night with MFCオーナーであるが・・・
これも知る人ぞ知る、京都ライブハウスBBAでのイベントである。
これについては、また別の記事にしようと思っている。
これに参加すべく、今、曲の聴き込みしているところなのだ。要するに予習中ね。

で、セッション曲では、KISSAEROSMITHBAY CITY ROLLERSを演る。

そこでだ。。。 曲を聴いてみたのだけれど・・・ 先ほどのハッチポッチで、
KISS=KISSA   BAY CITY ROLLERS=ベイシティー・ドーナッツ だった。。。

ベイシティー・ドーナッツ 紹介しよう。。。

ついつい、歌ってしまうぞ。 “うそそ、うそでなーーーい!”って。。。
[PR]
by maryqueen | 2006-08-25 20:06 | 音楽
QUEEN祭りでお世話になってる、京都ライブスポットRAGのイベントです。
微力ながら、お手伝いできれば・・・と告知させていただきます。

☆★☆ 8/6(日) 野外コンサート情報 ☆★☆

「RAG創業25周年祭 夏祭 LIVE IN KYOTOリターンズ」

京都の老舗ライブスポット、RAGの創業25周年を記念した野外ライヴ。
世界的ジャズピアニスト山下洋輔率いる『山下洋輔ニューヨークトリオ』
人気ロックバンド「ポルノグラフィティ」の全国ツアーでも活躍中の
ヴァイオリニスト『NAOTO』、パワフルな女性新鋭ギタリスト安達久美と
元T-SQUAREのスーパードラマー則竹裕之によるバンド『クラブパンゲア』
の3組が出演。
最高のGood Musicと一緒に夏の一日を過ごしましょう!


8/6(日) 開場13:00 開演14:00
(19:00終演予定)
会場:円山公園音楽堂(全席自由、雨天決行)
(※公演内容により未就学児のご入場はご遠慮ください)
前売4500円、当日5000円、学生4000円(税込)
チケットぴあ230-589 ローソンチケット59896

ご予約、お問い合わせ、公演詳細について:
http://www.ragnet.co.jp/
075-255-7273(ラグインターナショナルミュージック)

--------------------------------------------------
不明点等ございましたら、お問い合わせ下さいませ。
何卒よろしくお願い申し上げます。


--RAG International Music Co.,Ltd.
担当:ヒコタ

(株)ラグインターナショナルミュージック
〒604-8005 
京都市中京区河原町三条二筋上ル東入ル恵比須町534-25 ラグ
ビル
TEL:075-255-7273 FAX:075-253-2040
e-mail mail@ragnet.co.jp
URL http://www.ragnet.co.jp
☆メールマガジン配信中!詳しくはHPへ☆
[PR]
by maryqueen | 2006-08-04 01:32 | 音楽
食べ物編では、みなさんかなりの食いつきっぷり・・・ うれしい限りだ。

さて、では、音楽編にとりかかろう。。。

もともと、今回の札幌行きの目的は、札幌在住のjazzさん主催、
QUEENファンのためのQUEENイベントであるWWRUなわけで。
昨年に引き続き、2回目となるこのイベント、要するに、QUEEN好きな人が集まって
QUEENの曲を演奏し、歌って踊って、そして集まった人とも親交を深めようというもの。

我々、関西組は、それぞれが28日に札幌入りし、翌29日に開催されるWWRUに
そなえて、練習・打ち合わせ・準備をするんだろうな。。。と思っていた。
実際、そんな準備は、ひとつもできなかったけど。。。( ̄▽ ̄)

28日夕方から、jazzさんちの庭でBBQ開始。
jazzさん以外は、京都BBAのメンバーという中、楽しい時間を過ごした。
片付けた後、jazzさんの家の中にある、ドラムセットにみんなが集まる。
だれということなく、セットに座って、ドコドコやりだす。

d0066133_1448431.jpg最初は、見ていただけだが、みんなに促され、私も座ってみることにした。
いやん!うれしい。。。
初めてドラムにさわった。
いきなりCDプレーヤーから曲が流れる。。。
“HAMMER TO FALL ”・・・
ろじゃばりんが、ちょこっとだけ教えてくれる。

もちろん、できるわけないが、雰囲気だけ味わわせてもらった。マジ、うれしかった!
前によっしい☆に貸してもらったベースといい、ドラムといい、
あたしゃ、リズム隊が好きなのだ。でも、なかなかさわる機会がないしね。
jazzさん、ほんとにありがとーーーー!!!

その後、jazz部屋にて、それぞれみんなが順番に眠気に襲われながら話をし、
junさんとTOMさんのセクハラ&エロコンビの前で、無謀にも寝てしまった
リロイちゃんを守りながら、夜は更けていった・・・守りきれなかったけど(* ̄m ̄)

翌日、2時半頃、会場となるらぐたいむに入った。
機材を調整している人の横で、私たちは、かなりエエ加減な発声練習。。。(¬。¬)
そのうちに、ゾロゾロと人が集まりだした。
ネット上でしか話したことがない、北海道組さんとの挨拶が、あちこちで聞こえる。

そして、いよいよ19時すぎ、
jazzさんの“WE WILL ROCK YOU (fast)”で幕開け、パーティーの始まりだ!

演奏曲については、そのうちjazzさんのところで詳細なレポがアップされるだろう。

私の参加曲は

d0066133_15234927.jpg
SON AND DAUGHTER
 (息子娘)
” with 赤毛 

あとはCho.にて参加。
LIAR(嘘吐き)
PLAY THE GAME(遊遊戯)
DON'T STOP ME NOW
(性的機械)


北海道組さんたちは、関西勢のノリをどう思っただろうか。。。
あつかましい・強引&やかましい・・・ ???
ステージ前にいると、大音量で耳がやられそうに感じたので、
途中からカウンターあたりで観戦すると、会場が見渡せる。
でも、まぁ。。。 後ろの方まで、みんな拳を振り上げてるやん。
イイのかな?イイんだよね? 楽しかったってことだよね?

私?そりゃ、楽しかったでございます!!
何事も、人を楽しませるには、自分が楽しくなければ・・・ ですもん。

時々、カウンター越しに目が合う、らぐマスターやタナカさんは、ぎこちない笑顔で
“すごいね・・・”とつぶやいてた。(声はかき消されて聞こえないが、読唇術で・・笑)

ライヴを見ながら、今さらながら、あらためて感じたことがあった・・・
さきほど、リズム隊が好きだと書いたワタクシ。
ギターも好きっていうのも書いておこう。(あ、決して、付け足しってわけじゃない)
音色もイイけど、左手(ネック側)がたまらなくイイのよねぇ~。
特に、高音で、ネック根元で、動かすとこなんざ、たまらんね。ゾクゾクする・・・
ベースは、右手(弦をはじく)の動きがイイんだよねぇ~。。。
ううむ、、、 こういう風に書くと、セクハラ・エロおやじ達に、なんか言われそうなんで
今まで、言わなかったけれどさ・・・ (¬。¬)チロ・・・

怒涛のQUEENセッションが終了し、アフターセッションが始まった。
ここで、QWEET(Q+SWEET) & QLADE(Q+SLADE)が悲願のデビューを果たす。
今年2月の大雪で、披露ができなかったバンドだもの。
衣装から、小道具まで、気合の入れようが違うね!みんな良かったよぉぉぉーー!

時間は夜中1時・・・ すべて終了~!こんな遅くまで、大音量出してもイイんだ。。。
おばさんは、10時過ぎたら、なんか大丈夫かのぉー?とドキドキしたりして( ̄▽ ̄)

こうして、あっという間に、第2回jazz主催 WWRU 終了したのだった。
お疲れ様でした。特に、jazzさんは、熱があったらしい・・・
あの大量の汗は、発熱の汗だったんだねぇ~。。。可哀想に。。。

今度は、北海道組のみんなで、本場京都BBAのライヴに来てください。
本当の、京都のノリがわかります。。。♪(= ̄∇ ̄=)

ほんとうに、ありがとうございました!! (写真、勝手にいただいちゃいました~)
d0066133_15585760.jpg



<番外編>

このライヴ終了後、どこか店でも繰り出すのかと思いきや、約10名ほどが
北海道組の方のマンションへ・・・ 
初めて会った方のマンションに、夜中に転がり込み、そしてそのまま、朝を向かえ・・・
みんなは、ひとりまたひとりと眠りに落ちていく中で、私は、なんかタイミングを逃し
結局、ステキな家主さんには、朝まで付き合ってもらうことになり・・・
大変、お世話になりました。まさか朝まで居るとは思わなかったもんで・・・

その上、海鮮丼が食べたい!という私たちのために、店も探してもらって。。。
そのおかげで、二条市場ではなく、中央卸売市場の店へ行くことができ、
先に「食べ物編」に書いたように、食べ物アイテム全クリできたのでした。
最後にかけてもらった言葉・・・
「さぁ!みんな!さわやかな朝日を浴びて、残り少ない北海道を満喫してください!」
まさに、学校の先生が、グズグズしている生徒に向かって言ってるようでした。はは・・
ありがとうございました!!!
[PR]
by maryqueen | 2006-08-02 16:21 | 音楽
まるで南の島にいるような、この蒸蒸(むしむし)感。。。
プルメリアのあま~い香りがあったら、まだ良いんだけどねぇ~。。。

この暑さにくわえて、月末なんで6月の仕事をまとめて提出しなければならん。
だけど、すすまない・・・

できない理由のひとつに、先週のビートルズセッションの練習が・・・ んなわけないか。 
でも、なんだか仕事をする気にならなくて、ついつい後回しにしていたツケなのは確か。

もうひとつは、「しりとり」だ。。。( ̄▽ ̄)
ご存知ない方のために・・・

この「しりとり」というのは、MFCオーナーさんちで不定期に開催されるゲーム。
オーナーさんがあるテーマを決めて、それに関する語句や人名などでしりとりをする。
たいていは、1語1点なのだが、語句の中には、オーナーさんが独断と偏見で決めた
ボーナス単語と、地雷単語がある。当然ボーナスは数十点プラス、地雷はマイナス。
今回は100点ボーナスなんてーのもあり、シリトラーのみんなは驚愕したのだった。

開催中は、誰でもいつでも参加でき、またイヤになったら、いつでも辞められる。
単なる遊びだもの。。。 
賞品は用意されているようだが、10000点とらなければもらえない。
てか、誰もそんな点数とれないし・・・ (今回、1位でも2966点だもん・・・)

でも賞品はなくても、なんだか、なんていうのかなぁ~。。。 やめられないんだわ。

テーマは、今まで「本」や「映画」もあったらしいが、今回は「洋楽」とのこと。
洋楽のタイトル・アルバム名・人名・バンド名・・・ 関係する単語なら何でも良い。
それが、開始日より、異常な盛り上がりを見せ、24時間、常に誰かがPCを開けている
状態じゃないのーーー?って感じだった。回答ログを見れば、わかる。。。
みんなぁーー!寝てんのかーー?仕事してんのかぁーー!?( ̄。 ̄)ぶつぶつ

ルールとして、1回答えると30分キッカリ、次の入力ができないというのがある。
ここがミソなのよね~。。。 自分が答えたい単語があっても、30分は答えられない。
仕方なく、その間に、ボーナス単語を予想して、いろんな単語のネタ帳を作るのだ。
ネットサーフィンしていることも多いけど。。。
そして答えられない30分が経っても、希望する頭文字が出てくるとは限らない。
だから、結局、ずーーーっとPCに貼り付けになっている。

ボーナス単語については、時々、オーナーさんからヒントが出される。
この出し方が、またいやらしい・・・(;一_一) わかりそうでわからない・・・
良い意味で、うまいヒントの出し方だと、いつも思う。
でも、わかる人は、抜群の瞬発力で食いつき、スパパッとボーナス単語を書き入れる。
すごいなーーーと、感心しきりだわ。。。
どっちにしても、私は、オーナーさんと趣味が合わないのか、嫌われているのか
予想ボーナス単語は、ことごとくはずれたのであった・・・ ( ノД`)シクシク…

今回のしりとりは、4月16日から始まり、7月1日午前0時までだった。
約2ヵ月半の間、何度となくやめよう、こんなのやめてやるーーー!と思いながら
あと1回ボーナスとったら。。。という欲のために、結局最後までやってしまった。
順位は、エントリー人数28名中14位。回答数600回、890点・・・
取ったボーナスはたった2つだけ。。。120個もあったらしいが。地雷は2つだったかな。
優勝者は、いつも上位常連の、忍者さん!!おめでとー!
みんなが出した回答数が、なんと14507回・・・ いやはや、すごい。。。
こんな回数答えていても、まだ出ていないボ-ナスがあったんだからねぇ~。

そーだ!思い出した!!!
ビートルズ「Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey」をどうしても回答したくて狙っていた私。。。 
どうやらこれは50点のボーナスだった。
なのに、必死で回答したのに、1点だった・・・ なじぇ??
仮名入力で「とぅー」を「とぅ」と書き、「-」が抜けていたので、判定されなかったらしい。

く、くやしい。。。 |||(-_-;)||||||どよ~ん

でも、回答するたびに、コメント欄に「おはよー」とか「これから仕事行ってきます」とか
参加者同士で、漫才みたいな掛け合いがあったり、ちょっと楽しかったりして、、、

シリトラーの皆さま!
また、いつの日か、参加できるようなしりとりがあったら、お会いしましょう!
あぁ・・・こんなこと書いている暇はなかったのだ、、、 仕事を仕上げなければ・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-07-01 13:23 | 音楽
d0066133_13334270.jpg

はいはい、行ってきました。
待ちに待った「ビートルズセッション!」なんですから~
腰が痛いなんて言ってはいられませんねん~

幸い、腰はやや痛いものの、動けるので、先ほどここにも書いたように
19年前の安産腹帯をしっかり腰に巻き、京都へ行きました。。。(¬。¬)はは・・は

北山のライブハウスBBAは、地下鉄北山駅から歩いて約15分くらいかな。
ちょっと今日は、歩くのはきつい・・・ でも、そんな距離のタクシーも乗りにくい。。。
かといって、京都駅からのタクシーとなると、結構料金もかかるので勇気がない・・・
そこで、地下鉄で烏丸御池まで行って、そこからタクシーに乗ろう。。。 せこっ・・・

地下鉄烏丸御池で地上に上がったワタクシ。
でも、そこから北方向へのタクシーを拾おうと思ったのだけれど、
んと、えっと。。。 北がどっちかわからん 京都では、こんなこと幾度とあるんです、私。
通行人に聞こうとしたら、その人から「市役所はどっちですか?」と聞かれてしまったし。
ようやく北を認知し、タクシーを拾って、BBAへ。

5時から、セッティング&直前リハが始まっている。
私は、何曲かのコーラスで入らせてもらうが、このコーラスが大変なのだ。。。
ビートルズは、ただ叫ぶだけの音楽じゃなく、コーラスを聴かせる曲がいっぱいある。
なので、ひとりで練習しても、合ってるのかわからんし、不安な部分があるのよね。
しかも、今日集まってきている人たち、みんなビートルズ大好きだし
エントリーだって、はっきり言って、みんな自分が全部やりたい!!って人ばかり。
要するに、セッションで楽しもう~!なんて言いながら、かなりの本気モードだ。。。

開場ギリギリまで、みんなのリハは続いた。
Brendaさんとは、ちょっと打ち合わせさせてもらっただけ。
不安いっぱいなんだけど、「楽しみましょー」と言ってもらう。。。ありがとです。
ほんとはちょっと声を合わせてみたかったんだけど、時間がとれず、そのまま本番へ。

ビートルズのコピーバンドは、数々いるし、イベントもたくさんある。
でも、アルバム1枚丸まるセッション。。。という試みは、なかなかないらしい。
しかも、今回は技術的にも内容的にも評価が高い「ABBEY ROAD」全曲を
アルバムの通りの曲順にやっていこうというもの。
すっごーーーく楽しみだ!
あまりにうれしいので、エントリー表をのせておこう。

私の参加曲は・・・
「Maxwell's Silver Hammer 」   
  BrendaさんVo.なので、ハンマー音の効果音として灰皿をドラムスティックで叩く

「Octopus's Garden」
  コーラス、そして、間奏部分の泡効果音で、コップのお茶をストローでぶくぶく。。。

「Because」
  これはコーラス重視の曲。一番高いパートを担当した。
  てか、それしか聞き取れなかったんやもん。。。

「Sun King」
  これもコーラスが素敵な曲。ここでも一番高いパート担当。
  特にでたらめなポルトガル語といわれる部分(どんな歌や・・・)は出だし音が不安。

「If I Fell」
  これは、アルバム「A Hard Day's Night」からの1曲。
  初期の曲で、淡々としているけれどジョンとポールがしっかりハモっている。
  この曲は、よく聴くと、ジョンとポールのブレス音が聞こえるので、昔から好きだった。
  以前、さもさんにちらっと話したことがあったので、エントリーしてくれたのかな?
  さもさん、ありがとー!ここでは、ジョンパート(低い方)を担当。

こんなにも、歌うパートももらって、しかもみんなの参加意気込みを目の当たりにして
緊張が高まる。。。 でも、とにかく楽しんでいこう~と深呼吸。。。(¬。¬)ふぅ~


セッション開始!!    怒涛のごとく曲は進んでいく。。。 
私?楽しいにきまってるじゃないですかーー!

え?私のコーラスの出来具合?
まぁまぁ、楽しかったんですからいいじゃないですかー! ( ̄ー ̄)v ブイ!
(えっと、、、ご迷惑かけた皆さま、ごめんなさい。。。)
 
あ、みんなから好評だったのは、灰皿をカンカン叩くの。
アレは、皆さんから、褒められました。 ハイ、褒められたのは、これが初めてでっす!
今度から、効果音担当で、使ってやってください!!よろしくっ!!

なにはともあれ、腰の痛みも忘れるほど、歌って踊ってしまいました。
こんな楽しい時間を過ごすことができるって、ほんとに幸せです。
好きな音楽と、楽しい仲間と、大騒ぎ。ストレス解消には、もってこいです。

今後、ビートルズ各メンバーの曲を演ろう!という案や
ホワイトアルバムを丸々セッション!!なんていう凄い企画もあるような。。。
うれしすぎる企画ですがな・・・  まだまだBBA通いもやめられまへんな・・・ 
[PR]
by maryqueen | 2006-06-25 13:42 | 音楽

楽譜、届きました。。。

d0066133_10553433.jpg

Brendaさまから、楽譜が届きました。 ありがとうございます。

「BECAUSE」「SUN KING」

楽譜見るのって、何年ぶりだろう・・・ ( ̄▽ ̄)はは。。は

「BECAUSE」の楽譜冒頭に、曲の説明が書いてあった。

ビートルズのコーラス・グループとしての魅力あふれる、透き通るようなスローナンバーである。寸分の乱れも許さない繊細な緊迫感は、心に染み渡るようだ。
3声によるコーラスであるが、各自が気を引き締めて、心を通わせるような感覚を持って取り組んで欲しい。


"\( ̄^ ̄)゙ハイ!!  ココロしてかかります!!!


でね、楽譜を見たわけさ。。。 
ビコーズ、しょっぱなの音、高い方の「ラ」 (ど・れ・み・・・と数えた・・・ 汗;)
前にも書いたように、楽器は、リコーダーとハーモニカとピアニカのみ。

リコーダー・・・高い方の「ラ」は、出せない。(ソまではいけるけど、ラは出し方知らん)

ハーモニカ・・・小学校1年のハーモニカ。高い方の「ソ」までしか音が出ない。

ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)・・・お!これは、「ラ」があるぞ!と弾いてみた。。。
なんかちょっと変だ・・・

( ̄◇ ̄;)!! ♯(シャープ)が4つもついている!!!  わからん・・・って・・・

ここで挫折したのであった。。。  Brendaさま、ごめん!


えっとえっと。。。 私が今まで歌っていたように歌おうかと思います。
つーことは、歌いやすいように、上のパートに行ったり下のパートに行ったりするかも。
他にも、忍者さんやさもさん、お初ですがshinさんもコーラス隊にエントリーされてる。
ええい、どさくさに紛れて、やっちゃいましょう!┌(* ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-06-07 11:24 | 音楽

ABBEY ROAD

d0066133_21431619.jpg

いわずと知れた、ビートルズの超有名アルバム。
レコードは持っていたけれど、プレーヤーが壊れてもう数年・・・ 
ずっと聴いてなかったアルバムのひとつ。

今月末、24日の土曜日。 おなじみ京都のライブハウスB.B.Aにてイベントがある。
“ 【前滝ナイト】 ビートルズセッションだぁ!” が開催される。
この中で、この“ABBEY ROAD” のアルバムまるごと1枚セッションだって。
んもう。。。これに参加したくてしたくて・・・ ヽ(ё。ё)ノへっへっへ

レコードは聴けないし・・・ということで、中古屋でCDを買ってきた (正規に買え!笑)

さっそく聴いてみた・・・ ううむ。。。 カッコイイなぁ~ 鳥肌ものだわ。うんうん・・・
いろんなタイプの曲が入ってて、飽きないね。
同じような曲ばかりのアルバムは、退屈だけど、これはバラエティーに富んでるのよね。
そういえば、QUEENもそう思ったので、好きになったのだった。
このABBEY ROAD。 写真の横断報道は、これまたロンドンでは超有名で
私も、初めての海外旅行で、友人とロンドンへ行った時、行ったなぁ。この横断歩道へ。
その頃入っていたビートルズファンクラブの会報に、この横断歩道の写真があったので
それを握り締め、地図と写真を照らし合わせながら、探して、探して・・・

やっとのことで見つけて、歩いている写真を撮ってもらって・・・ うれしかった!!

その後、レコード店に立ち寄り、このアルバムを見たら、どうも、さっきの歩道じゃない。。。
あれれ?右上の建物・・・ちがう・・・  左の門・・・ちがう・・・
そんなぁ~・・・ 意気揚々と歩いてきたのに。。。

次の日の予定は決まっていたけれど、あきらめきれない私は、友人とは別行動で
もう一度、ABBEY ROADに向かい、目に焼き付けてきたアルバム表紙の歩道を探した。
すると、昨日写真を撮った横断歩道の隣に、本物があったのだ・・・
今回は、私一人だったので、写真なしで歩いてきただけ。
でも、4人が歩いたところを、私も歩く・・・ ドキドキしたもんだわ。なつかし・・・

d0066133_22253787.jpg

もうひとつ、好きなアルバム。
“WHITE ALBUM”
これも中古屋で買った(だから正規で買えって!笑)
中古品なので、ちょっと黄ばんでて。。。
ホワイトちゃうやん。。。

これも、今日、車の中で聴いた。
カッコイイぞぉぉぉぉぉぉぉーーー!!!すごいなぁ~~!!!
特に2枚目が好き。
“バースデイ”“ヘルター・スケルター” は、前から好きだ。
そして、もう1曲、
“エブリバディズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー”
ながっ・・・ これ大好きなのよね~ 久々に聴いて、車の中で熱唱してしまったわ。

ちなみに、某オーナーんちの洋楽しりとりで、この曲を書き込みたかったのに
「え」が来ても、書いているうちに、次の言葉にかわってて、間に合わなかったりした。
なので、さきに読み仮名をメモ帳に書き、「え」が出た時、必死でコピペ。
見事に書き込めました!! 1点だったけど・・・(;一_一)

24日のセッションでは・・・ なにか歌おうと・・・ でも、でも・・・
明日、Brendaさまから楽譜が届くはず。。。 私、楽譜、読めるのか?(汗;)
しかも、音を確認する楽器がない・・・ おぅ。。。致命的やん。。。(大汗;) 
えっと、、、ハーモニカと、リコーダーしかないです。
あ、ピアニカがあるかも。。。 大丈夫かなぁ。。。  ものすごい不安。。。(滝汗;)
[PR]
by maryqueen | 2006-06-05 23:27 | 音楽
↑↑ しかし、なんちゅータイトルのイベントでしょーか。。。

ある時は超技巧ベースマン、そしてまたある時は、絶叫半裸のボーカリスト、
神出鬼没、名古屋に住むスーパーエンターテイナーはじめちゃん。(ゴマすりすり・・・)

彼が、自分のバンド「The Sons Of Eve」を引き連れ、
おなじみ京都のライブハウスBBAで大騒ぎライブをすることになった。

例によって例のごとく、私も参加。
今回は、QUEENオンリーのイベントじゃないし、なんといっても前回のBBAでずっこけボーカルを披露してしまったワタクシ・・・( ̄▽ ̄; 観客として参加しようと思っていた。
ところが、数日前、はじめちゃんからコーラス隊参加指令がくだった。
うれしいやら、恥ずかしいやら。。。 しかも3曲もあるし・・・
でもYKさんと一緒だということで、お歌はYKさんにお任せして、私は賑やかしに
参加させてもらうことにした。

4月29日 いざBBAへ。
中に入ると、いつもの楽しいメンバーの顔が並んでいる。
私なんかの新参者にでも、目が合うと、「よっ!メリーさん、こんちは!」って
声をかけてくれる。なんか、ライブハウスの常連みたいでうれしいなぁ~。。。うふ

6時半、はじめちゃん受胎ツアー 淫京都が始まった。
楽曲に関しては、きっと誰か詳しいレポができると思うので、私は簡単に・・・(他力本願)
いつものQUEENオンリーではなく、ベイシティ・ローラーズあり、RUSHあり、
ピンク・フロイドあり、ところどころにポップなナンバーあり、
まったくお客を飽きさせない見事な構成。

そして、最後ははじめちゃん率いるThe Sons Of Eveの登場。
EL&P の曲が始まった。。。 これが、またすごいんだ。。。
Voyagerさんの激しいキーボード、ニコリともせず、ひたすらドラムを叩き続けるカ~ル・パ~マンさん。
そして、ほんとにほんとに、楽しそうに嬉しそうにベースをかき鳴らしていたはじめちゃん。
はじめちゃんは、QUEENを演ってるときの顔つきと、ぜんぜん違う。
d0066133_21451349.jpg
なんていうか、生き生きしてるように見えた。まぁ、自分のバンドだし、自分を表現する喜び、そして、BBAいっぱいに集まったお客さんへの感謝の気持ち、そんなのが顔、いや体全体からあふれ出てるように見えた。
マジで気持ちよさそうに弾いてたもの。
ね、そーでしょ、はじめちゃん。

私はといえば、プログレは、暗く長く、複雑な曲構成のものが多く、はっきり言って、しっかりまともに聴いたのは、学生の頃以来、20数年ぶりだわ・・・
懐かしさと、新鮮さと、あらためて高度なテクニックが必要なんだな~と感じた。
いやいや、まったく、このThe Sons Of Eveのライブに来なければ、こんな感動も味わえなかったわけだ。感謝感謝!!

ライブは、興奮と感動の中で、無事終了した後、
ここで遠方から京都へお越しのお客さんにサービスということで、
ライブハウスRAGのオーナーのお嬢さんが、着物姿で現れ、なんと藤娘を披露。
さっきまでガンガンの重低音が響いていた会場に、おしとやかにちんとんしゃんの音楽。
お嬢さんは、少し狭いフロアで踊りにくそうではあったけど、みごとに藤娘を踊りきった。
おっさんおばさん、かぶりつきの状態の中で、少しも物怖じしない。
これまた、しっかりした将来頼もしい女性になるだろうね~。

d0066133_2146399.jpg最終電車の行った後、残ったのは、十数人。オール組みだ。
私も初めて徹夜組に加わわった。寝そうなヤツは、「寝るなーー!」と起こし、
帰るという人には、「まだ帰るなーー!」と引き止め・・・( ̄▽ ̄)
結局朝の5時まで、うだうだぐだぐだと話し続け、すでに明るくなってようやく始発が動く頃にBBAをあとにした。

↑ よっしい☆のベースを触らせもらって、記念写真。うれしい!

疲れたけれど、楽しかった。
いつものイベントは、大音響の中、ほとんど話すことができない。
顔をあわせても、挨拶くらいで、帰ってしまうことになる。
でも、今回は、ちょっとビールを片手に(実際コップ半分しか飲んでないけど)
ずっと流れ続けていた、70年代のミュージックビデオを見ながら、
時には一緒に口ずさみながら、時には真剣な話しをしながら、大笑いしながら
エッチな話しをしながら。。。  ほんとに楽しかった~。

まぁ、みんなかなりの酔っ払いだったし、眠気にも襲われていたので
話の中身は覚えてないかもしれないけどね・・・( ̄‥ ̄)=3 フン 私は覚えてるけど。。
あらためて、お会いした皆さん、そして朝まで酔っ払いをおいてくださったBBAマスター、
ほんとに、ありがとうございました!

最終組に残っていた主婦は、3人・・・
うちは大丈夫だったけど、他のおうちでは、何事もなかったでしょうか。。。
ちょっと心配だにゃ。
[PR]
by maryqueen | 2006-04-30 21:41 | 音楽