メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:音楽( 64 )

懐かしの MY FAVORITE SONG

カセットテープを見つけた。
かなり古くて、タイトルの文字も、薄くなってているもの。
よ~~~く見ると 「FAVORITE SONG」と書いてある。

そういえば、これ、作ったことあるなぁ~。。。
まだ、CDが発売されてなかった時だったかな~。。。
少なくとも、私がCDプレーヤーを買ったのは、CD発売後、ずいぶん経ってからだった。
何年くらいに作ったかな~。。。などと思いながら、さっそく聴いてみた。

1. ニューヨーク・シティ・セレナーデ <’81> (クリストファー・クロス)

2. スピニング <’80> (クリストファー・クロス)
  
   たぶん、EP盤を借りてきて、「ニューヨーク~」のA面B面を録音したと思う。
   この人を見て、声と外見の違いに、愕然とゆーか、ビックリした人は多いだろうな。
 
3. AFRICA <’82> (TOTO)

4. GOOD FOR YOU <’82> (TOTO)

   これも、「AFRICA」のEP盤、A面B面じゃなかったかなぁ~。。。(うろ覚え^^;)
   「Rosanna」とか「Georgy Porgy 」とかも、よく聴いてて好きだったな。

5. ロスアンジェルス紀行 <’74> (ビリー・ジョエル)

6. SHE'S GOT A WAY <’71> (ビリー・ジョエル)

   たぶん、これもEP盤AB面だな。 両方とも、ライブバージョンで入ってる。
   この曲もステキだけれど、なんでこれにしたのかは、わからん・・・
   
7. ビリー・ジーン <’82> (マイケル・ジャクソン)

   マイケルの曲は、この曲だけか。。。 
   あの超有名なアルバム「スリラー」からの選曲だけれど、
   なぜ「スリラー」とか「ビート・イット」を選んでないんだ~。ま、いいんだけどね。

8. Love <’70> (ジョン・レノン)
 
   ううむ。。。 ここから一気に、時代がさかのぼっているな・・・( ̄▽ ̄)

9. 「やさしく歌って」 <’73> (ロバータ・フラック)

   これは前々から好きだったからな~。 
   曲と一緒に歌ってみるが、必ずといってイイほど、途中で酸欠になる。。。
   そして最後は、ゲホゲホ・・・と咳き込むのであった (;一_一)

10.ビッグ・シティ <’80> (ライ・クーダー)

   我ながら、なんて渋い選曲だと思う。。。
   これは、パイオニアの「ロンサム・カウボーイ」のCMに使われていて、
   なんかすごく気に入ったので、レコードを買った。
   さっき検索してみたら、結構な希少盤で、1800円の値がついてた。ビックリ!

11. LUCY IN THE SKY WITH THE DIAMONDS <’74>  (エルトン・ジョン)

   これが、前に紹介した、ビートルズの「ルーシー~」のエルトン版。
   この曲には、ジョン・レノン自身も歌とギターで参加している。


以上、タイトルシールが茶色く変色している、カセットテープに入ってた11曲。
90分テープで、B面は、スティーヴィー・ワンダー「Hotter Than July」(’80)が
まるまる一枚入っていた。 B面まで選曲するの、力尽きたかな。。。

ここまで聴きながら書いて、すべてレコードからの録音だと思っていたが、
よくよく聴いてみると、レコードのプチプチ雑音が入ってるのは、「やさしく歌って」から。
ということは、手持ちのレコード以外は、やはりCDから録音したのかな~。。。

しかも、ロック調の曲が好きな私にしては、あまりにもバラードが揃いすぎている。。。

なぜか・・・

ううむ・・・ どうやら、恋をしていた時期だった。。。  と思われる。 (。-_-。)ポッ・・・

d0066133_17372771.jpg



   
[PR]
by maryqueen | 2006-12-22 17:47 | 音楽
昨日は、『ジョン&ジョージ追悼 キハチNight!! 』ということで
プロデューサー・キハチ氏が仕切る、キハチナイトが開催された。
季節柄、クリスマスパーティーも兼ねてのイベントだ。

先にも公表したように、 エントリー曲はこんな感じ。

BEATLES解散後のポールの曲は、よく聴いて知ってる。
でも、エントリー曲の中で、ジョンの曲は全部記憶にあるものだけれど、
ジョージは、知らないものが多かったな。
何枚かのレコードは持っているが、今回の演奏曲には入っていない。

それでも、ジョン、ジョージが好きな人にとっては、珠玉の名曲とのこと。
そして、みんな演奏して、歌っていて、実に楽しそうだった。

今回の私の参加曲は、BEATLES時代のものばかり3曲。
「LUCY IN THE SKY WITH DAIAMOND」のヴォーカル。
カネルさんがコーラスで応援してくれる。
これは、もともと大好きな曲で、よくジョンを真似て歌っていた。
でもあとで、エルトン・ジョンがカバーし、そっちの方がイイ感じのアレンジだったので
頭に残っていたのは、エルトンバージョン。構成を間違わないようにしないと。。。


「REVOLUTION」では、カネルさんのヴォーカルに、私がコーラスで参加。
ホワイトアルバムバージョンだと、ゆっくりしたブルース調になってるので、
私は、そっちの方をよく聴いていた。これも間違わないようにせねば。。。


「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」は、shinさんのヴォーカルで、私はコーラス。
これは、ハモりが綺麗に入らないと、カッコ悪い。shinさんに迷惑かけないようにしないと。。。


私とカネルさん、ロジャバリンさんの主婦連合(笑)の3人は、4時からのリハに合わせて
2時に待ち合わせをし(早っ!)、腹ごしらえを済ませる。
その後、会場となるB.B.A.に乗り込んだ・・・。
ロジャバリンさんは、またまたドラムでの参戦のため、すっげー緊張している様子で
他の人がリハに来るまでに。。。と、さっそくドラムセットに座り、叩き始める。
ここ数ヶ月前からドラムを始めた彼女だが、ほんとに頑張ってるなーと感心する。
口では、「どーしよ、めちゃくちゃやわ。。。」とは言うものの、なかなかですやん。
まぁ、楽しいから、継続できるし、また新しい曲にも挑戦できるんだろうな。

ドンドコドコドコ・・・という、ロジャバリン太鼓(* ̄m ̄)ププ・・・ のリズムを聴きながら、
私とカネルさんは、二人の参加曲のネタ合わせ・・・ちゃうちゃう!打ち合わせ(笑)。
カネルさんは、英語ぺらぺらなんで、発音の難しいところを教えてもらったりするが、
なんせ、今回2曲が一緒なんで、私のなんちゃって英語と比較されたら、
ちと恥ずかしいなぁ~と思ったり。
歌詞も、ほとんどが昔から覚えてる曲だけれど、ふとした拍子に抜け落ちるし。。。
まだ誰も来ないので、さもさんのベースも入って、ドラムとヴォーカル・コーラスで
「REVOLUTION」を演ってみる。 ギターのイントロは、口ギター・・・(* ̄m ̄)プッ
リズム隊だけの「REVOLUTION」 なかなか面白い!

そうこうしているうちに、ゾロゾロと人が集まり始め、7時開演。

今回は集まってのリハはなかったので、今日が一発勝負のぶっつけ本番。
おまけに、それぞれが普段、得意としているパートではない楽器を演ってる人もいたり。
なのに、なんでこう、うまくまとまるんだろうな~。。。 
すごいな~。。。といつもながら感心する。

d0066133_22224482.jpg
「LUCY IN THE SKY WITH DAIAMOND」は、いつも間違う不安箇所に気をとられてか、完璧に覚えているところの歌詞が、すっかりぶっ飛んだ。

なので、保険にと持っていた歌詞カードを必死で見るはめになってしまった・・・ めっちゃ悔しい・・・
(右:カネルさん 左:ワタクシ)

「REVOLUTION」は、なかなか気持ち良く歌えた。
カネルさんと、最後は思いっきり叫ぼう!とネタ合わせ・・・ちゃう! 打ち合わせしたしね。
中間部で、ホワイトアルバムバージョンで歌われている“ぽーぷしゅびでゅば・・・”
というコーラスを、キハチさんが口ずさんでいるのを発見! 
ほんじゃま、私もと歌ってみる。楽しい!

「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」は、私のハモりはどーでもよく
間奏の泣きのギターを披露してくれたキハチさんに、感動した~!カッコ良かったー!

今回は、クリスマスパーティーを兼ねてということで、
みんなそれぞれプレゼントを持参していた。休憩時間に、それをくじ引きして交換する。
なんか久々に、プレゼント交換なんて、ワクワクするな~。
私が用意したのは、ケーキのようにラッピングされたタオルと紅茶のセット。
多分、か~やさんに行ったかな。
d0066133_2225787.jpg私は、Keithさんのプレゼントで、
メロディーベル(っていうのかな)とヘプバーンのカレンダー。

ベルは、振るとクリスマスソングが流れる。お~っと、自称小道具担当の私にピッタリかも。
ありがとーーーでした!! また、どこかのイベントで使いましょう。
クリスマス限定でね。

楽しい時間はあっという間に終わってしまうわけで、10時ピッタリにパーティー終了。
その後は、明日が月曜ということもあり、みんな賢くお家に帰っていった。

まぁ、私たち主婦連合は、まだその後もファミレスに行き、
お互い、「まだ食うのか!」と言い合いながら、甘いものを食べて帰ったけれど・・・
今年の音楽イベントはこれで終わり。
また、来年も、楽しい企画にいっぱい参加できるといいな。↓最後にいつもの集合写真。
d0066133_22272543.jpg

[PR]
by maryqueen | 2006-12-11 22:29 | 音楽
d0066133_9295934.jpg今日は、ジョン・レノンの命日。
1980年12月8日、狂信的なファンとされる
マーク・チャップマンに殺害された日。
当時、このニュースは衝撃的だったな。
テレビに、「うっそぉー!」とツッコミ入れてしまった。
そして、 あぁ、もうこれで、BEATLESの4人が集まることはないんだ・・・と呆然と思った。
生きてれば、66歳なのかー。。。


d0066133_931960.jpg
ジョージ・ハリスン
は、2001年11月29日に、
癌で亡くなっている。
なんでも、死亡した場所については、オリヴィア夫人が、
ビートルズ・ファンからの追悼の巡礼を逃れるために、わざと虚偽の住所を死亡証明書に記載したため、定かではないとか。 有名人は、つらいよな~。。。


この二人の追悼の気持ちをこめて、そして、クリスマスパーティーを兼ねて
『ジョン&ジョージ追悼 キハチNight!! Something for Happy Xmas 』
いつもの、京都のライブハウスB.B.A.で開催される。
今回のプロデューサーは、キハチ氏。
いつもBEATLES関係ではお馴染みの、鍵盤奏者maetaki氏の弟さん。

今まで、ライブ会場でも、あまりお話をしたことはないが、
前に“マッカートニー・ナイト”のスタジオでの練習に、参加させてもらった時
ギターの準備をしているキハチさんに、譜面台を渡そうとしたら、
「あ、全部おぼえてるから、いらない」と、サラッと言われた。
イヤミじゃなく、すごく自然な感じで。 
すっげーーー!マッカートニー・ナイトだって、エントリー曲いっぱいあったよ。
そういえば、その前の“BEATLESナイト”も、ほとんどステージに上がりっぱなしなのに
すべて譜面は、頭に入ってるようだった。 カッコイイ・・・

今回のエントリー曲はこんな感じ。
もし、BEATLESが好きな人、ちょっくら歌ってみようか、演ってみようかと思う人、
ステージには上がらないけど、ちょっと興味がある人、お暇な人、飲んで騒ぎたい人、
ワタクシの歌を聴いてやろうという奇特な人(悪かったな・・・)。。。

12月10日、京都北山B.B.A.に集合しましょーーーー!!
コーラス、鳴り物、踊りなど、ステージへの当日乱入は、いつものようにオッケーのはず。

1000円程度のクリスマスプレゼント(交換するんだって!)を持ってきてね。
変装・カブリモノ、大歓迎とか。 衣装の貸し出しまであるってさ。
初めてで、なんか恥ずかしいかな・・・と思ってるアナタ!
変装しちゃったら、わかりません!  なんか楽しそうやーー! ((o(^-^)o))ワクワク


でも・・・ 昨日から、なんか私の喉に、エヘン虫が住みついている。
歌ってる途中に、咳き込んだら、へたっぴに拍車がかかる・・・ 
絶対に、今日は、早く寝よう。。。
[PR]
by maryqueen | 2006-12-08 09:56 | 音楽

『A Night At The RAG 2006 』

d0066133_1341491.jpg

今年で5周年を迎えた、『A Night At The RAG』 大盛況のうちに終了した。

今回は、プロデューサーがsin@ぼじお氏にかわり、どんな企画で・・・と
多くの人が期待していたと思う。

その中で、やはり一番の目玉は、QUEENの名盤中の名盤、
『オペラ座の夜 A Night At The Opera』の楽曲全部を演奏するというもの。

最初からから最後まで、全部だって。 それってすごいことなのよね。
あのアルバムは、今さら説明するまでもなく、録音に録音を重ねて、
ものすごい分厚い音・コーラスを作り上げたというので、有名なアルバム。
それを、生のステージで、一発勝負で、しかも全曲演るっていうんだもん。。。
本家のQUEENだってやってないよ、そんなこと・・・

私が、一番初めにQUEENを知ったのは、高1でクラスメイトになった友人が
貸してくれた、 「クイーンII/Queen II」
これはもう、ものすごい衝撃を受けた作品だった。
それまで BEATLES大好きだった私が 「げ!なにこれ??」状態。。。
すぐに、それまでのアルバムと、当時発表されていた「オペラ座の夜」を聴いて、
その時から、高校生活、QUEEN 漬けになっていったのだから。
だから、もう30年前から聴いているし、なんちゃって英語だけれど、全曲歌える。
そこで、今回あらためて、じっくり聴いてみた。
いやはや、マジで、ほんとにこれを演るの?と、驚きと期待と不安が入り混じって、
不思議な感覚にとらわれてしまった。
うまくいったら、これは、本家本元よりもすごいかも・・・なんてことも思ったりして。。。

参加メンバーを、確認してみると、これまたベテラン勢が揃ってるんだもん。
あちこちの掲示板にも書いたけれど、誰が、どの曲のどのパートを、
どんな風に聴かせてくれるのか??と思うだけでも、ほんとにワクワクドキドキだった。
もちろん、「オペラ座の夜」以外の曲も、演奏される。
さて、どの曲が??というのも、いつものお楽しみなわけで。。。
王道がくるか?マニアックなところをついてくるか??

さて、25日、観客は多分、おなじような思いを持って来たであろう人で
会場は、いっぱいになっていた。
ライブ内容については、演奏されたみなさんのHPやブログで紹介されるので
ここでは、出演バンドだけ書いておこう(ただの手抜きともいえる・・・)

さて、演奏はどーだったか・・・ 
いつもとはちょっとちがう進行だったので、ちょっと戸惑いもあったけれど
さすがに海千山千、場数を踏んだ人たちばかりが、真剣に取り組んだ楽曲の数々。
みんなそれぞれ、普段は仕事を抱えた人達が、その合間をぬっての練習で
一生懸命に作り上げたステージだったと思う。
アクシデントもあったけれど、それはそれ、生のステージの醍醐味かな。
あの期待していた分厚いコーラスも、最初、ちょっとハラハラしながら聴いていたが
いやいや、やはり皆さん、芸達者!!! たいしたもんだわ。すごい!!
ボキャブラリーがないもんで、「すごい!」という表現しか見つからないのだけれど
私は、楽しく、ほんとに堪能させてもらったというのが、正直な感想。

まぁ、ほんとのこと言って、一番、心配してたのはプロデューサーをはじめ、
出演者の皆さんだっただろうね。 すべてが終わった時点で、みんなの顔を見たら
それぞれみんなが、開放されたぁ~!というホッとした顔だったのか印象的だった。
マジで、大変だったんだなぁ~。。。うんうん。。。
皆さん、ほんとにお疲れさまでした。

その後? 
まぁ、その後は、出演者も観客も交えたいつものメンバーで、夜明けまで・・・
30人近くいたか? はい、楽しかったです。
でも、夜通しのカラオケじゃなかったのに、今日、声出ません・・・  
しゃべりすぎ? って・・・ どんだけしゃべるねん・・・ 


実は、ワタクシ。
25日は、朝から、甥っ子からバドミントンの相手を頼まれ、
出発までの1時間半、みっちり体を動かしていた。その時点で、ヘロヘロだったのだ・・・
その前夜も、家事をしてて遅くなり、睡眠時間は4時間くらい。
その上の、運動。そして、ライブ&オール・・・ 
今日はさすがに眠いなぁ。 そして、体がだるい。
こりゃ、明日、筋肉痛のピークがくるな・・・。(遅いやん!涙;)
[PR]
by maryqueen | 2006-11-26 13:19 | 音楽
d0066133_2258123.jpg


今日は、QUEENファン、Freddie Mercury ファンにとっては忘れられない日。
もうFreddieが亡くなって、もう15年になるんだ~。
あちこちで、そして本国イギリスでは、大きなイベントがあるんだろうな~。。。

デビュー当時、世界のどの国よりも早く、彼らの音楽を認め、熱狂的に指示した日本。
いまだに、QUEENのメンバーは、日本を好きでいてくれるのが、嬉しい。

この日本でも、各地でFreddie Tribute のイベントがあるだろう。
そのひとつが京都で・・・・ 明日11月25日だ。。。

QUEEN and Freddie Mercury Tribute Live 2006
【A NIGHT AT THE RAG】

もう今年で5回目となるこのイベント。
演奏者達は、この数ヶ月、それぞれの想いをこめて練習してきたとのこと。

QUEENファンならぜひ!そして、QUEENを知らない人も、ぜひ!!

みんな明日は、京都Live Spot RAG に集結せよ!!!
[PR]
by maryqueen | 2006-11-24 22:59 | 音楽
ここんとこ、たて続けにある音楽イベントも後半戦突入~!
昨日は、北山BBAで、ろくまん氏プロデュース
♪Paul McCartneyナイト♪『もうかりMACCA!』が開催された。

今回はタイトルどおり、ポール・マッカートニーにまつわる曲をセッションする。
いつもながら、楽しそうな企画を次から次へとやってくれるもんだ。
家庭をもつ身としては、なかなか外出するのが難しくなってくる。
しかも、関西とはいえ、端っこに住む私としては、車で行き、夜道の峠を越えて帰るか
電車で行き、ライブ終了後、最終電車で急いで帰ってくるか、それとも、オールか・・・
いつも悩むところだ。。。o( ̄ー ̄;)ゞううむ

今回は、夫が参加しないので迷ったが、やっぱ電車+オールにした (= ̄∇ ̄=) ニィ

会場に着くと、リハの最中だった。ライブ前の雑然とした雰囲気もいいもんだ。
プロデューサーろくまん氏も、はりきってる様子。
タイムテーブルを見た。なんと、分刻みに曲の進行が書かれていた。
それを見た参加者、みんな「は?すっげー!」 「無理無理!」と口々に言ってた。
どーかな。うまくいくと良いね~。。。( ̄▽ ̄)

d0066133_20445560.jpgそうこうしてるうちに、プレショーで、
ピエールあきらさんの大道芸
が始まった。
BBAで、見慣れない光景なんでおもしろい。
まわりにドラムやキーボードなど機材があるし
おまけにスポットライトが眩しくて、すごく
やりにくそうだったが、コミカルな動きと
バルーンパフォーマンスや、ジャグリングなど
楽しませてくれた。忍者さんちの可愛いお子ちゃま2人も、喜んでいた様子。


プレショーの後、本番が始まった。
さすが人気が高いビートルズ関係とあって、みんな楽しそう。
誰かが言ってたけど、「こういうのは、真剣な遊びなんや」という説明。
激しく納得したりする!うんうん。
いつものことだが、私の練習の成果は、なかなか出せないのだけれど・・・ (ノд-。)クスン
でも、やはり楽しかったから良しとする。
一番遠くからのお客さま、ロスから来られたSusieさんとも、久々に会えて良かった。
来たくてもなかなか来れない距離だもの。楽しめたでしょーかね~?

ここで、先にみんなが「無理無理!」と言ってたタイムテーブル。
余裕を残しつつ、22時キッカリに終了!すごいぞ、名プロデューサーろくまん!
お疲れさま&ありがとうございました。↓集合写真だー!(s@moさん、写真いただき!)
d0066133_21194153.jpg


でも、いつものことながら、ここで終わらないのがオール組さん達。
約10数名、カラオケ屋になだれ込む。
さっきまで、大声で歌ってたじゃないか!という面々なのに、朝までまたまた
歌い続けるのだ。しかも、さっきと変わらぬ、いやもっとテンションが高かったりして・・・
他の部屋の客よりも、どう見てもこの部屋のメンバーの平均年齢はかなり高い。
なのに、この深夜の時間帯に、なにやってんだ?というくらいバカ騒ぎ・・・ 
結局、1時ごろから朝5時まで、曲が途切れることはなかった。
ほんま、すごいわ。。。 
中には、このまま仕事に行く人もいるし・・・ お疲れさんだこと。

私も家に帰ったら、朝7時半。
家族はまだ寝てたけど、私も寝てしまうと、今度起きられなくなりそうなので、
そのまま、わんこの散歩と、掃除・洗濯・朝食の準備をしてしまう。
すごいぞ、私!(誰も言ってくれないので・・・)  ま、遊んできたんで仕方ないっす。

さて、今の時間帯から、いつもならネット徘徊を始めるのだが、さすがに眠いので
今日は、お先に休みます~。 お疲れさまでしたー。。。。。。。。。。。。。はぁ~
[PR]
by maryqueen | 2006-11-04 21:25 | 音楽
やっと、バリウムも排出し(笑)、お腹が楽になった・・・(* ̄m ̄)

さて、もう明日には、またまた京都BBAにて、「Paul McCartneyナイト」開催だ。
練習の成果が、発揮できるだろうか・・・ てか、そんなこと考えてたら歌えない・・・
とりあえず、楽しませていただくことにします。はい・・・
エントリー曲はこんなの。もし、興味がある方は、どーぞいらしてくださいまし。

ネット上で、ポール・マッカートニーが好き!っていうの、なんとなく言いにくかった。
なんか、ジョンもジョージも亡くなっちゃって、なにも言えないのをいいことに
自分のステージで、ビートルズ時代の曲をバンバン演るのは、抵抗ある!という人が
結構、いるのよね。ひとりでビートルズをやってきたと思ってるんか!とかね。

ポールの曲は、聴きこむとステキな曲が多いと思う。
いろんなタイプの曲があるので、飽きないというところもイイかな。
ま、ダサいという意見もあるようだけど・・・ 人の好みはそれぞれですからね~。

明日のイベントを前に、そういえば、私の数少ない手持ちのレコードの中にも
ポールのものがあったと思い出し、並べてみた。すべて、シングルドーナツ盤、500円。

d0066133_2132357.jpg「ハイ・ハイ・ハイ」 ここクリック!
明日のエントリー曲。ワタシもコーラス入り。
これは、たしか歌詞があまりにも卑猥なんで
本国BBCでは放送禁止になったんじゃなかったかな。
B面の「Cムーン」は、当時あまり好きじゃなかったけど、
耳に残るんだ、これが。。。ここクリック!

d0066133_2137223.jpg「ジェット」 ここクリック!
明日のエントリー曲。 これもノリノリになれるので、大好きな曲。

B面の「レット・ミー・ロール・イット」もエントリー曲。
ワタシ、コーラス入り。ちょっと癖があるけど、
ほんとに擦り切れるまで聴いた思い出あり。ここクリック!

d0066133_2141279.jpg「バンド・オンザ・ラン」 ここクリック!
エントリー曲で、ワタシもコーラスに入る。 3部作みたいに、曲調が変わるので、おもしろい。

でも曲より、このジャケットのリンダが、どー見ても、
脇毛処理をしてなくて、当時、すごいショックだった ^^;

d0066133_22311565.jpg「あの子におせっかい」 ここクリック
これもエントリー曲。これは、あんまり好みじゃなかったなぁ~。
キーも高いし、声が出なくて歌えない・・・
あ、そーいえば、MFCオーナーさんが歌うんだよね。
オーナーさん、この間のQUEENもロジャーの曲で、
キーが高かったよね。頑張れ!

d0066133_21542042.jpg「ジュニアズ・ファーム」 ここクリック。
今回、新しく買ったCDに入ってて、久々に聴いたら、
うむ、なかなかカッコよかったのね。
みんなで盛り上がれる曲だと思うけど、
残念ながら、今回はエントリーされてない。

ちょっとこの辺から、記憶が怪しくなる。というのも、私が持ってるのはレコード。
今、レコードプレーヤーがないので、聴けないのだ。もう10数年聴いてない。
なので、メロディーが出てこないのだーーー。。。( ̄。 ̄;)!!

d0066133_21595439.jpg「愛しのヘレン」
これもよく聴いたはずなのに、思い出すのは
サビの「ヘレーーーン、ヘレンウィーーーール」だけ。
あかん・・・ 思い出さん・・・
ポールが、ボーカル、ベース、リードギター、ドラムスも、
こなしてるんだね、これ。
と思ったら、You Tubeで見つけたーーー!うれしい!

d0066133_22274745.jpg「ワインカラーの少女」
さーて。。。これに関しては、まったくもって
さっぱり思い出せない・・・ 歌詞を見る、、、んと、メロディーが
なんかこう。。。出てきそうなんだけど出てこない。
悲しい。。。 ネット上で探ったけど、わからない。
今、胸の辺りがモヤモヤして仕方がない状態なのー。


誰か明日、最初の出だしだけでいいから、教えてくれないかな~。。。
なんかきっかけがあったら、すらすらと出てくるような気がするんだけどな~。

最後に、この曲。
d0066133_22412690.jpg「メアリーの子羊」 ここクリック
これも、ヒットしたけど、レコードは持ってない。
先日、夫がこの曲知ってるか?というので
最初だけ歌ったら、夫は続けて、最後まで英語で歌ったのだった。
( ̄◇ ̄;)!!うそっ!!ワタシだって最後まで歌詞知らんのに!
かな~~りショックだった・・・


夫に話を聞いてみると、中学の頃、放送委員をしてたので、昼休み放送用に
みんなからレコードを借りてたらしい。このレコードも、何度も聴いたとか。
知らんかった知らんかったーーーー!!20数年付き合ってるけど初めて知った。
実は、ポール・マッカートニーなら知ってる曲もあるので、明日は参加したそうだったが
残念ながら、明日は、部下の結婚式があるのだ。

えっと・・・ もしかして、黒服・白ネクタイで、大きな引き出物の袋ぶら下げ、
ふらりと、BBAに来たりして・・・ ( ̄ェ ̄;)

   ================================
ふっふっふ。。。 書き終わって、2時間後。。。
てか、You Tubeを探って、辿って2時間・・・ ってわけだけど、
見つけたーー!! 「ワインカラーの少女」 ヘンな邦題つけるから、わかりにくかった。
ここクリック! 胸のモヤモヤがすっきり取れた。いい気分。<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...
でも、なんか、日本の歌謡曲みたいな曲やったんやな・・・ そういえば・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-11-02 22:56 | 音楽
次の音楽イベントは、♪Paul McCartneyナイト♪『もうかりMACCA!』である。
11月3日いつもの京都北山BBAで、開催される。
このことについては、次回、詳しく書こう。

今日は、そのエントリー曲前半の主要メンバー何人かで、スタジオ練習があった。
そして、このワタクシ、その中に入れてもらってたのだった~~!
前のビートルズイベントのリハで、リハが面白いものだと気づいた私は、
今回のリハは?あるの?どーなの??と、プロデューサーろくまん氏に迫っていたところ
声をかけてくれたのだった。

うっふっふ。。。うっふっふ。。。
ワタクシ、何を隠そう、スタジオなんて行くの初めてですやん!
なんの楽器もできないし、ライブハウスにだって、定期的に行くようになったのは
BBAが一番最初。 今まで、スタジオなんて、そんな場所に用事があるわけもない。
どんな所? どんな風に練習するの? 興味津々~(⌒▽⌒)
今日集まるメンバーの中で、きっと私が一番ワクワクして参加しただろうと思う。
もう、行こうと決めた時から、嬉しかったもん~

場所は、四条大宮駅前のスタジオ246

京都駅でお昼を食べようかと思ったけど、なんの今は観光客でごった返してて
とてもじゃないけど、なかなか食べられそうにない。
じゃ、ちょっと早いけど、四条大宮まで出かけることにした。
スタジオのあるビルの目の前のお店に入り、昼食。窓から、ビルの出入り口が見える。
誰か来るかな~。。。と見ていたら。。。
maetakiさんが、キーボードを持って、3回も往復して運び込んでる・・・
たいへんだな~。。。(食べてたし、手伝う気なし・・・^^;)と思っていると、
すぐあとに、某MFCオーナーさん(笑)が、スティックバッグを片手でプラプラさせて入店。
ふ~ん、そうか、ドラムってスティックだけでいいんや~。。。 maetakiさん、お気の毒。

お二人がいらっしゃるなら・・・と、私も入ることにした。
エレベーターが開くと、すぐ店になる。「おはようございまーーす!」
おぉ!明るくて、感じのいい店内。
「お名前は・・・?」 と聞かれて、はた!と考える。ろくまん氏って、名前なに?(苦笑)
ろくまん=弥勒萬十郎(みろくまんじゅうろう)とブログに・・・ ぶるぶる。。。ちゃうちゃう!
しどろもどろで説明し、なんとかミーティングルームへ・・・ 先のお二人と合流。

ここは、新しいお店らしく、皆さんが言うには、とてもいい感じらしい。
なんでも、まずフロントが笑顔なのが良いと。普通は、とっても愛想が悪いらしい。
そして、明るくて、きれいで、ミーティングルームというか、
大きな休憩できる場所があるなんて、まず、他のところにはないとのこと。
おまけに、トイレもきれい!
へぇ~。。。そうなんや~。。。 てことは、ここを基準としたらダメなのね。

開始時間が近づくと、みんなが集まってきた。総勢8人。
部屋は5stで14畳とのこと。でも機材があるし、8人入ると、もういっぱいかな。

d0066133_1463758.jpg練習は、みんなのびのびして、気楽な感じ。
間違ったり、うまく合わない箇所は
何度もやり直す。
またうまくいったら、みんなが拍手して、
「素晴らしい~!」と。
皆の顔も、ずっと笑顔だし、
見ているだけでも楽しい。
←うれしくて、ブレブレ~(* ̄m ̄)


たっぷり4時間。 おもしろかったー!
ちょこちょこっと、コーラスに入らせてもらって、音はずして(大汗;)
単なる賑やかしだったけど、私としては、とってもとっても楽しい時間でございましたーー。
ありがとうございました。

さて、本番は11月3日。 それまでに、もうちょっと、練習しておこー・・・
[PR]
by maryqueen | 2006-10-30 01:55 | 音楽
芸術の秋だからか・・・ ここのところ、音楽関連の記事が多いな・・・
てか、私が気になるイベントが目白押しだからだ。 あぁ、忙しいったらありゃしない!

昨夜、おなじみ、京都北山BBAにてセッションがあった。
今回のお題は、「初心者にやさしいQUEENセッション」
「ろじゃばりんを王女様と呼ぶ日」という副題がついている。
このろじゃばりんは、このブログにもコメントを書いてくれてる、ロジャバリンさん。
彼女がプロデューサーとなり、今回のイベントを立ち上げ、采配する。
彼女自身も「素人の私が、できるやろか・・・」ということを何回も話していたが
昨日の本番まで、あ~んなことから、こ~んなことまで、いろいろ気配りして、
心配して、さぞや大変な日々だっただろうと思う。

彼女の心配もさることながら、一参加者である私も、実は心配事があったのだ。
なにって?今イベントに、うちの夫を連れて行くこと・・・ ( ̄∇ ̄;)
今回、夫と一緒に行くことになったから。。。と、みんなに話すと
「え?とうとう、正体をバラすのか?」と、口々に言われた・・・ 正体って・・・(¬w¬*)イヤン…
しかも、今回の私のエントリー曲の中に「Now I'm Here」が。。。
この曲のライヴバージョンには、曲中に演奏を止め、フレディが客と掛け合いをする。
それを、私のちょっとしたミスと、誤解と、成り行きで、やることになってしまった・・・

あぁぁぁ~。。。 そんなことできない。。。 考えるだけで、胃が痛くなる。。。
でも、こうなった以上、なんとか楽しまないと。。。 できるだけのことはしよう・・・
車の中で、練習をした。。。 もう、ヤケクソだぁーー!

当日、BBA初参加者のwakaさんも合流。つまり彼も、私の正体を知ることになる・・・

d0066133_23173388.jpgさて、いろんな心配事をよそに、
容赦なく開演だ・・・

私の出番、今回は、赤カツラはつけず、用意していたサングラスを着用。
そしてまた、jazzさんの白矢印ジャケを借りて、ステージへ。
「The Loser In The End」 
出だしは好調だったものの、最後、歌詞がぶっ飛んだ (ノ_-;)アチャー

でも落ち込んでる暇はない・・・ 夫の感想も聞かないでおこう・・・ あとにひびく。。
次の出番は、あの「Now I'm Here」。。。 
また、jazzさんのジャケットを借り、ステージへ。
ステージ暗転・・・ ギターのイントロ・・・ そして「I’m Just a!」でフル・ライトオン。。。
あぁ、喜楽院さんの描いた想像通りだ・・・ 出だし、音程はずれてるか、わからん~
中盤、演奏が止まった・・・ サングラスをしていてスポットライトが当たるので
人の顔は見えない。が、動きが止まって、私に注目しているのがわかるやん~
しかたない・・・
「なう・あいむ・ひあ~」と言ってみる。すると、大きな声で「なう・あいむ・ひあ」と返ってきた!
あぁ~・・・ うれすぃ・・・ 放ったらかしだったらどーしようーと思ってたけど、
みんながちゃんと、大きな声で、掛け合いに協力してくれている。。。
jazzさん主催の札幌WWRUを思い起こさせる、抱腹絶倒「TOMコール」でも、
私が「とーむ」と言えば「えーろ」と返ってくるしさぁ~。。。
これで京都でもエロTOMさんが、定着した瞬間であった・・・ ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

ありがとーーーーーー!!うれしーーーですーーーー!!
最後は、コップで客席への散水も!!┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

終わったーーー!あ、私の出番がね。
その後は、なんちゃってコーラスに、全員コーラスにと、いつものように楽しく歌えた。

夫からは、良かったとも悪かったとも聞いていない。聞きたくもないけど・・・(=´Д`=)ゞ
でも、最後、「We Are The Champions」あたりでは、
みんなと一緒に拳をあげていたのを見て、結構、このイベント、
気に入ったみたいやん・・・ と、ひと安心。
私も、仲間と一緒に楽しくやっている様子を知ってもらうことができて良かったかな。

でも、、、この次から、いつでもどこでも一緒に行くぞ!って言われたら・・・
それも、ちょっとなぁ~。。。 (;´Д`A ```

まぁ、それはそれとして、ろじゃばりんーーー!お疲れさまぁーーーー!
2次会に行かなくて、ゴメンよーー! 次回にはぜひ!
d0066133_23165723.jpg

[PR]
by maryqueen | 2006-10-15 23:20 | 音楽
今週は、仕事がめちゃめちゃ忙しく、キツイ1週間だった・・・ 
あ、まだ明日があるやん・・・ (´Д`) =3 ハゥー

明日が過ぎると・・・ そう土曜日! またBBAにてセッションがあるのだ。
ここには楽しいことしか書かないから、遊んでばっかり!と思われるかもしれないけど
お仕事もして(たいしたことしてないけど)、家事もして(超テキトーに)、
そして息抜きに遊んでるわけで・・・(思いっきり言い訳)  。。。。。。( ̄ェ ̄;)

まぁ、いいや。。。  
今回のお題は、Queen!
ここに来てくれているロジャバリンがプロデュースするセッション。
その日は、彼女のことを「王女さま」と呼ばなければならないらしい。
Queenなので「女王」かと思ったら、「いえ、王女です」とこだわりがあるらしい(* ̄m ̄)

エントリー曲はこんな感じ。
私も例によって例のごとく、歌わせてもらう。まったく懲りてないし・・・
しかも今回、ちょっとした私のミスと、誤解と、成り行きで、
大変なモノにエントリーしてしまい、えらいことになっている。。。 
もう、今からドキがむねむね・・・(古っ!汗;) 胸がドキドキですねん・・・
なに?なに?と思われる方は、見に来てください。
あ、やっぱ来て欲しくないです。。。 来ないでください。。。|||(-_-;)||||||どよ~ん

でも、セッションは楽しいと思うので、来てください。 どっちやねん!

あぁ、、、揺れ動く乙女心・・・・・・・・・・・・・ (▼へ▼メ)ナニカ?
[PR]
by maryqueen | 2006-10-12 23:12 | 音楽