メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:お店( 7 )

先日、忍者さんのブログに紹介されていたお店に行ってきた。
「Cafe Mamie-na カフェ・マミーナ 」 という焼き菓子と、コンフィチュールの店。

もともとは、京都にお店があって、このたび湖西に出店されたとのこと。
住所からみても、あの辺りは、何もないところ。。。
要するに、田んぼの真ん中だ・・・ さ~て。。。どんなお店かなと、覗いてみることにした。

今日は、朝から日が差したり、曇ったりと、あまりすっきりしない天気。
しかも、寒い・・・ 風に冬のニオイがする気がする。

d0066133_21552211.jpg
もう夕方近く、買い物がてらに、車で行った。
お店ができた在所は、
ほんとに田んぼの真ん中にある、古い集落。

どこかな~と、新しい店の建物をイメージしながら
探していたけど、ないのよね~。

ふと、この看板が目にとまる。。。
あ、ここだわ!

なんと、普通の田舎の家だ。
入り口右側は、畑になってたり・・・

d0066133_2222677.jpg
敷地内には、2棟あって、
どちらも、古い家屋のままだ。

こっちは、カフェになっていて、
座敷に上がって、ゆっくり紅茶などがいただける。

照明は、あくまで暗めで、雰囲気をつくってる。

d0066133_2272244.jpg

2棟の古い家屋の間に、
これまた古い蔵がある。

そんなの大きくない蔵だけれど
その中は手作りの雑貨などが
展示、販売されていた。

d0066133_22155687.jpg
カフェとちがう棟では、今日は、1日限定で、フランス料理のランチが、出されていたとのことだった。

焼き菓子とコンフィチュールの店ということなので、ひとつ買ってきた。
バナナといちぢくのケーキ。
他に、丹波黒豆と抹茶のケーキとか
栗のケーキとかもあった。


今日は、本格的なオープンというわけではなく、フレンチのランチの店と共同で
1日限定での営業だったとのこと。
忍者さんの紹介だったと言いたいが、HNしか知らないので、名前がわからないけど
とにかく、掲示板を見て来ましたと、お店の人に話す。

ケーキは、珍しいので、バナナといちぢくのケーキにしますと言ったら、
ちょっと待ってくださいね・・・と、これかな?あれ?こっちかな?と
クンクン匂いをかいだりして・・・ なかなかオモシロイ店です・・・( ̄▽ ̄)ホホ
このバナナといちぢくのケーキは、いちぢくの果肉がゴロゴロ入ってて、
かなり洋酒の香りがする。 ちょっと大人向きのケーキだな。

それにしても、この田舎のこと。
コンフィチュールの意味がわかる住人が、周りにいるのだろーか・・・と思うくらい。
私が、店から出てきたときも、もんぺと割ぽう着、手ぬぐいを頭にかぶった
典型的な田舎のおばちゃんが、怪訝そうに、店をのぞいてましたね~。
都会の人には、とっても雰囲気のあるお店だと思うけどね。

まぁ、今日はチラシもなかったので、本格的なオープン時には、
新聞広告を、市全体くらいにいきわたるようにしないと、わかりにくいだろうな。
でも、新しい店に飢えている・・・というのも事実。
結構、そういう情報は、ぱぁ~~~っと広がるもの。
車で時間かかっても、行ってみたりするもん。だから、チラシはすごく効果的なのよね。
私的には、また、ゆっくりお茶しに行きたいと思う。

かめちゃん、行こーな! チラシチェック、頼むでぇ~!
[PR]
by maryqueen | 2006-11-23 22:50 | お店
先日、息子の入試があった。
大学によっては、何回も同じところを受けたりできるシステムとかがあって、
何度説明されても、ピンと来なかったが、
受験料が、かなり、かかったことだけは理解できた。。。o(T^T)o ウー 

最終日の朝、試験会場に送り届けた後、久々にデパートに行ってみることにした。
私にとっては、これがメインイベントだったし、楽しみにしていた。
ほんとに久々の、スーパー以外でのショッピング・・・
バレンタインデー間近ということもあったので、店内は、華やかな感じだった。

そうだなぁ~。今年は、ちょっとバレンタインのチョコ、ちょっと豪華版のを見てみようか。。。
と、菓子売り場に行ってみた。
テレビで、塩チョコなるものを紹介してたので、もしかしてあるかな~と思って。
北海道の「塩チョコ」と、違うみたいなので、これは味見しなければ・・・と探したけれど
やはり大阪のチョコレート専門店の商品らしい。。。 ないわね~。

母に電話をしてみた。
「今、デパートに来てるんやけど、お父さんになんかチョコ用意した?」
「まだ。何も買ってない。
 そういえば、お父さん、誰かGODIVAのチョコくれるヤツはおらんかな~って言うてたで」と。
「( ̄◇ ̄;)!! 桁がちがうわ・・・」

気持ちのもんやし、ちょっとした安物でもいいかな・・・と思ってたのに・・・( ̄。 ̄)ちっ・・・

じゃGODIVAだと、どんなチョコがあるのかな・・・と売り場に行ってみた。
いろいろあるけど、そんな高いものは買えません。そして、そんなに量もいらんやろ。
まぁ、わたしもちょっと食べてみたいし、これ↓を買うことにした。
d0066133_23565052.jpg

小さいのが9個入り。父に1箱、うちに1箱、その他に小さいのを2個ほど買ったら、
それだけで3000円を軽く超えちゃった。
なかなか、チョコだけで、3000円分は買わないし、みんなこころして食べてもらおう。
しかーし、ケーキなら、3000円超のも買うか。。。 ま、そんなもんだ。( ̄ェ ̄;) ふむ

今日は、チョコ売り場、もっとすごい人なのかな~。。。

食器売り場に行ってみた。
結婚前や、新婚時代には、よくこの売り場で、ちょっとスタイリッシュな形の調理器具や
食器を買ったりすることもあったなぁ~。。。 友達の結婚祝いなんかも探しにきたし。。。
最近は、ほんとにこういう売り場に来ることもなかったので、懐かしく、また新鮮に感じた。
何も買わなかったけどね・・・

私は、買い物に行く時、一人で行くのが好きだ。
誰かが一緒だと、気を使ったり、じっと待ってたりしなくちゃならんし、
休みたい時にも休めなかったりするしね。
歩きつかれたので、ふらっと入った、カウンターのみのコーヒーショップ。。。
( ̄д ̄;) あ! 1杯200円だったのに、294円になってる。。。 まいっか。
[PR]
by maryqueen | 2006-02-14 23:50 | お店

道の駅

仕事や遊びで、車を使うことが多いので、あちこちで見かける「道の駅」。。。
さっき調べてみたら、全国で830箇所だそうな。
最近、ほんとにあちこちで見かけるようになったなぁ~。

道の駅については、ここのサイトが、うまくステキにまとめてあるようなので紹介しとこ。

要するに、「鉄道に駅があるように、道路にも駅があってもいいんじゃない」っていう
コンセプトからできたそうな。
なるほど。無料で、24時間利用できる駐車場やトイレは、とっても便利だ。
中には、その地元の特産品や、観光情報もゲットできるし。

私は、運転中の眠気覚ましやトイレ利用に、結構立ち寄る。
特に、近くの農家からの農産物や家庭料理のお惣菜は、新鮮で美味しい。
夕方には、もうなくなってるものも多いので、できれば午前中に行くのがベターだな。。。

d0066133_1516760.jpg

この焼鯖寿司もゲット。
うまいうまい!(*^。^*)








d0066133_15193316.jpg
このアケビも、4つで100円。
アケビは、今までに1回だけ食べたことあるんだけど、いやはや、やっぱり食べるとこないねぇ~。。。( ̄▽ ̄)
ほんのり甘さを感じるのみだ・・・
ほとんど種だしぃ・・・
まぁ、食べるものがなかった頃、
こういうほんのりの甘さに、感動したんだろうね。別に、まずくはないけどさ。


私の生活範囲の中にも、
今まさに建設中の道の駅が、2軒。
しっかし、そんなに道の駅を作っても、トイレ休憩くらいしか使われないなら
なんかもったいないような気もする。。。特産品ったって、そんなに種類はないしさ。
全国の道の駅の中には、温泉があったり、ステキなレストランがあったり
公園があって子供達が遊べたり・・・ってとこもあるらしい。
なんか、もうちょっと、目玉的な特徴があったらいいのになぁ~・・・

<追加>
先にここまででアップしたのだけれど、
はなまちさんから、アケビの皮が食べられるってことを教えてもらった。
びーっくりーーー!!検索してみたら、当たり前のことだったのねぇ~。。。
3種類の料理法を紹介しときます。みんな知ってるのかな~?
[PR]
by maryqueen | 2005-10-20 15:30 | お店

珈琲専門店

今日は琵琶湖大橋を渡り、守山で仕事だった。
ちょっと早めに終わったので、前々から気になってたお店に寄ってみることにした。

山本珈琲倶楽部・・・名前からして、なんとなくコーヒーの香りが漂ってくるようでしょ。

守山市内にあり、実は、私は過去2回ここに来ている。
でも2回とも休みで、ふられてたの。
そうなっては、意地でも行ってみたいものでして、今日は玄関に電気がついてるのを見て
ホッとしたのでした。

そんなに大きくない店で、ドアを開けると、コーヒーのイイ香り。
BGMはジャズ。
d0066133_22591653.jpg
なんだか、偏屈のおじさんがやってるお店のように、勝手に想像してたのだけど
カウンターの中には、女性が二人。。。 あらら、ちがったのねん。。。

窓側の席に座って、本日のコーヒーとチーズケーキをいただいた。
d0066133_22595183.jpg

挽きたていれたてのコーヒーはやっぱ美味しいわ。

カウンターにずらっと並んだ、瓶に入ったコーヒー豆。
d0066133_2314569.jpg

なんかかって帰ろうかな~。100g578円。。。ちょっとお高いね~。。。
でも、ブレンド100gを挽いてもらい、あとスマトラ・マンデリン100gを豆のままで買いました。
そんなに味がどーのこーのとわかるわけじゃないけど、なんだか通になった感じ。ほっほ~

ま、いいじゃない。
朝の忙しい時は、挽いた豆を使ってコーヒーメーカーで簡単に。
休みのゆったり時間のある時は、コリコリと手回しミルで挽いて
ぽとぽとドリップすることにしようっと。。。
[PR]
by maryqueen | 2005-06-27 23:02 | お店
やっと書くぞーーー!( ̄▽ ̄)たはは

先日、甥っ子家族が遊びに来た時、なんかやってみたいことある?って聞いてみた。
若夫婦は、「ガラスでコップとかを作ったり、その他は陶芸もしてみたい」とのことだった。
ガラスねー。。。近くにはそういうのを体験させてくれるところがないけれど、
長浜の黒壁スクエアあたりならできるはず。

ということで、即予約を入れ、翌日出発した。
長浜の黒壁スクエアまでは、車で約1時間ちょっと。
やはり土曜ともなると、結構、観光客が多いな。

まずは、黒壁ガラス館横で受付をし、工房へ。
そこで、どういう物が作れるか、どんな色にするかを決める。
コップ、小さなボール(鉢)、一輪刺しの3種類で、
色は約20種類くらいの組み合わせがあった。
私は、コップで、オレンジとピンクのマーブルにすることにした。

さて、工房の中へ入り、作業行程の説明を受ける。
これがまた、むちゃくちゃ暑い!熱い!
でっかい扇風機もまわっているけど、半端じゃない暑さ。
そりゃそーだわね。ガラスが溶けてるんだから・・・

では、さっそく1人ずつ作業台に座り、お兄さんから丁寧に教えてもらいながら作業開始。
まずは、お兄さんが炉からガラスの塊を出してくる。もうこの段階で、熱さを感じる。
色の素になる色ガラス(私の場合はオレンジとピンクの粒ガラス)を、その塊にくっつける。
そして、筒の先から、空気を吹き込む。。。
先の人と同じようにしたつもりだったけど、ぷ~っと吹いたら、
お兄さんが慌てて、私の口から筒を引き抜いた。どーやら強すぎたらしい・・・
ガラスがぐにゃリと垂れ下がり、またまた炉に入れて整形しなおしされた。とほほ
2回目挑戦。「軽く!軽くでいいですから・・・」と念を押されてね・・・

d0066133_0494691.jpg


ぷくっと膨れたガラスは、その後、整形・炉に入れるを繰り返し、
それらしいモノができたかな。
d0066133_0521576.jpg

はっは~ この撮り方ばっかりですな。。。 
でも、自然光で撮りたかったので・・・  ちなみにうちの庭ではありませぬ

若夫婦の作品は、これ。
d0066133_0531332.jpg

ピンクと白、そして青と紫という組み合わせ。ちょっと色がわかりにくいかな~

ううむ~ 白を混ぜたほうが、マーブルがきれいになるし、アクセントになったと思う。
次回は白混ぜよ・・・ って、また作るんかい・・・


あ、そうそう!この黒壁スクエア。
コップだけじゃなくて、ステンドグラスやオルゴール作りの体験もできます。
そして、水茎焼(みずぐきやき)っていう陶芸もできるお店を発見。
この焼き物は、青緑の色が特徴の陶器で、ロクロもまわして映画ゴーストができる(?)わけ。
若夫婦は、「やったーーー!今度は陶芸や!」と叫んでおりました。
やっぱり、またここに来るんや。。。
[PR]
by maryqueen | 2005-06-24 23:15 | お店

湖岸のレストラン

昨日、以前、英会話を習ってた時のメンバーと、数年ぶりに会った。
二人とも私よりは年上の方々で、スクール後や休日にも、よく会ってたりしたのに
やめてからは、すっかりご無沙汰になっていた。

d0066133_143447.jpg
さて、じゃあ、お店はどこにしよう。。。ということになり、今年3月にニューオープンした
湖岸のレストラン「シェヘラザード」に行くことにした。

琵琶湖大橋のふもとにできたお店は、天気が良かったら、景色は抜群だろうな。。。と
前を通る度に、思っていたのでね。

まず、「シェヘラザード」ってどーいう意味??ってことから。。。( ̄▽ ̄)
シェヘラザードとは
 アラビアンナイトの語り手の名前。
 ペルシャの王、シャハリヤールは女性を信じられず毎日新しい妻を迎えては、
 その夜に殺していた。
 そこに迎えられた大臣の娘シェヘラザード。彼女は賢い女性で、
 毎日面白い話を王に聞かせ続けた。
 王は、お話の続きをどうしても知りたいばっかりにシェヘラザードを殺さずに毎晩過ごし、
 千と一日が過ぎたという。アラビアンナイトのお話のなかには、『アラジンと魔法のランプ』
 『シンドバッドの冒険』『アリババと40人の盗賊』なども含まれている。
 なお『シェヘラザード』はバレエの演目としても有名でリムスキーコルサコフ作曲による
 美しいヴァイオリンの旋律が印象的。


なるほどね~。。。勉強になった。。。

シェフは、帝国ホテルで7年間、フランス・イタリア・日本各地で修行したという本格派。
お店は、私が睨んだとおり、素晴らしく眺めがきれいなレストランだった。
ランチは1000円~1800円のコースの他、アラカルトもあり、手軽な感じ。
平日で、そんなに混んでないかと思いきや、やはりここも主婦の溜まり場と化してたね~。
私は1500円の「マリンランチ」を頼みました。

                    前菜(アジのマリネ)
d0066133_14343075.jpg

                 豚挽き肉と壬生菜のオイルパスタ
d0066133_14344468.jpg

                    メロンのデザート
d0066133_1435119.jpg


アラビアンナイトの世界ということで、あちこちにアラビア風の食器などが飾ってあった。
d0066133_1443272.jpg


外にもテラス席があったり、眺めは抜群だった。真夏や真冬はちとキツイけど
今時分なら、ほんとに気持ちよく、テラス席には、ワンちゃん同伴の人もいたね。
d0066133_14414373.jpg


さてさて、3人の会話ですが。。。
マジで、最初から最後まで、途切れることなく数年間の穴埋めをするように、
いっぱい話をしました。11:40~16:00まで。。。 ま、いつものことですけど。。。ほほほ
[PR]
by maryqueen | 2005-06-09 14:47 | お店

町屋でごはん3

d0066133_014372.jpg私のお気に入りの本。
京都でご飯を食べる時は、必ずこの本を参考にしてる。
パート2の中からも、お気に入りのお店がいくつかできたし、他県からのお客さまの時、また、友達との食事の時に、この本を参考に、お薦めの店あるよって紹介もする。

京都市内中京区あたりは、町屋づくりの建物を改装して、レストランにしてるところが結構あるので、大好きなエリア。
なかでも“膳處漢ぽっちり”は何回か利用してみて、評判も上々だね。
昔は、呉服屋さんだった建物を改装してあるそうだけど、たまたま街並みを見て歩いてて見つけたお店で、最初は一人でお昼に入ってみた。入り口に近い部屋に通されたけど、ここの窓ガラスがなんとも言えずステキだった。他にお客さんがいたので、写真は撮らなかったけど。
2回目に行った時は、友達数人とランチで。たまたま中庭が見えるお部屋が空きますよ、と言われたので入ってみたら、和室に絨毯が敷いてあって、アンティークなテーブルが並んでる。BGMはなんとJAZZだし、ミスマッチが面白い。これまた気に入ったので、その次からは、予約時に「中庭のテーブル席でお願いします」ということにしている。
ほんとは高級中華料理のお店で、ディナーはかなりお高いけど、ランチはお弁当が1800円で結構いろいろ入ってて美味しいので、いつもそれを頼む。でもその日、「やわらか杏仁豆腐」っていうのが気になって、みんなで食べてみることにした。そしたら、これがまたトロトロで、黒蜜がかかってて、絶品!!
その次から、ランチ+杏仁豆腐っていうパターンになったのだ。
一度、古い建物がお好きな東京からのお客さまを連れて行ったら、えらく感激してもらって、そこいらじゅうの写真を撮って帰られた。もちろん杏仁豆腐も気に入ってもらえたし。

パート3では、今まで(パート2)の店のことも書いてあるけど、また新しいお店のことも紹介してるようだ。写真がついてるので、だいたいのお店の雰囲気も把握できるしね。
まぁ、友達にお薦めの店あるよ。。。って紹介するっていうより、私が行ってみたいからランチ付き合って~!っていうのが正解かも知れんけど・・・
[PR]
by maryqueen | 2005-04-06 11:29 | お店