メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カジノ初体験 ~ ニューカレドニア 4 ~

3月25日 (後半)
いろいろあったダイビングも終わり、部屋に戻った。 はひぃ・・・
午後1時半・・・ とりあえずシャワーをして着替える。
お腹はすいているが、レストランは昼の2時になると、閉まってしまうところが多いようだ。
あちこち探して食べに行くのも面倒だし、昨日スーパーで買っておいたサラダや
果物、ヨーグルトなんかですませることにした。

そして、ディナー時間というのが、たいていの店は夜7時にならないと開かないとのこと。
d0066133_2216620.jpg
それまで暇なので、洗濯をすることにした。
今回、泊まっているホテルは、コンドミニアムの
カサ・デル・ソル。
右の奥の部屋がベッドルーム。
右のは、着いた日の夜中に、必死で作ったソファベッド。


d0066133_22161883.jpg台所や洗濯機もついている
1ベッドルーム&LDK。
明るくてとても広くて快適な部屋だ。
乾燥機もあり、アイロンも完備している。
さて、洗濯ババアに変身するぞ。
手でしこしこ洗わなくていいのが、うれすぃな!


しかし、洗濯機は表示がすべてフランス語だ。さっぱりわからん・・・
そこで、AQUAの女将さんがHPでアップしている「洗濯機の使い方」を取り出す。
実は、昨日AQUAの旦那さんにもらったのだった。
これがまた、素晴らしくわかりやすく解説してあったので、バッチリ機械を動かせた。
うれすぃ~!ありがとーー!今後、カサ・デル・ソル利用予定の人は、必携だね。

さて、今夜の夕食はどうしますか?
フランス料理?いやいや、今夜は、食後にカジノに行きたいということもあり、
近くですませることにした。
ということで、昨日ランチで食べたポルトガル料理の隣のアジア料理の店。
PARFUMES D'ASIE これまた、AQUAのはす向かい。店番してる旦那が見えるぞ!
d0066133_22465816.jpgニューカレにきて、なんでアジア?
ん~ でも、ここでベトナム料理あるし。。。
←AQUAの旦那さんお薦めの「ブンボ」があった。
米の麺の上に牛肉と、春巻き(ネム)を乗せ、ニョクマムソースでいただくベトナム料理。ブンチャ(豚肉が乗ってる)のより、こっちの方がイイよと聞いたのさ。 うん、美味いっす。
ちょっとパクチーが効いてるけど・・・

d0066133_2254070.jpg←夫が頼んだもの。
越式海鮮酢(?)スープみたいな名前。
これは、酸っぱいけど辛くないトムヤムクン?
これって、AQUAの旦那からやめといた方がいいよと言われた代物では・・・
だって、中には、イイダコやスターフルーツ、パイナップルが・・・ ううむ、なんかヘンだ。。。

隣のポルトガル料理店の店のおじちゃん、夫がビールを頼むごとに、こちらを見て笑う。
また、ガンガン飲んでるな・・・と思ってるんだろうなぁ~。。。

さて、お腹がいっぱいになったところで、いよいよカジノへ行くことにした。
カジノは、18歳以上ならばOK。ということで、息子もギリギリ入れるのだ。
ただ、リゾートとはいえ、服装もちょっとは考えねばならないとのこと。
男性は襟付きのポロに靴、女性はワンピースなら問題なしなどとガイド本にはあるけれど
息子はサンダル履きでニューカレに来ていた。靴がないってこと。。。
サンダルといえど、黒のスポーツサンダル。夫の黒っぽい靴下を履いてサンダルを。。。
靴に見える?なんかちょっと、ヘンだけど・・・ まいっか。。。((((((((( ̄▽ ̄)はは・・・

d0066133_0133836.jpgカジノはヌメアに2軒。ル・メリディアンと、ノボテル・サーフに併設されているらしい。
ノボテルの「ロイヤル・カジノ」なら歩いていけるので、ここに行くことにした。

ホテル・ノボテル・サーフは、なんでもストライキとかで、休業中だって。
でもカジノは開いている。。。 ふ~ん。。。
カジノの入り口に着いた。 パスポートを提示する。 まっすぐ行けばスロットマシンの部屋。
そして受付の後ろにあるドアのむこうでは、ルーレットやカードゲームをやっているらしい。
息子は、まず、ルーレットの方に行きたいというので、その秘密めいた部屋に入った。
しかし、なんや・・・ 靴のチェックなんかないやん。。。 
あたしゃ、受付にでっかい警備員なんかがいて、服装がダメなら追い返されるのかと
思ってたけど違うのねん・・・ 考えすぎでしたわん・・・( ̄‥ ̄)=3 フン

中は・・・ ふ~ん 何の変哲もない、普通の部屋。 そんなに大きくもない。
なんか、ラスベガスの、ど派手なキラキラしたしたイメージを持ってた私としては
ちょっと拍子抜け・・・って感じ。でも、うちら家族は、なにせ初体験なので、
部屋に入った直後から、緊張でカッキーーンと硬直状態だった・・・ (/ω\)ハズカシーイ
開かれてるルーレット台は3台と、まわりにカード台が3台。
カード台では、ブラックジャックやバカラをやっている。
少し年配の客が多く、みんなそれぞれが、チップをかけて楽しんでいた。。。
しばらくウロウロと見てまわったが、どうやって参加するのかがわからない。。。
意外に日本人はゼロ。
仕方がないので、意を決して、フロントで聞いてみた。
すると、紳士が出てきてくれて、ゆっくりとした英語で丁寧に参加の仕方を教えてくれた。
そっか、どこでもいいんか。ルーレットなんかは、勝手に賭けりゃいいんや。
1台のルーレット台の隅っこに座った息子。 ほれ、賭けてみぃ~って!!とつつくと
これまた、緊張しながら、一番手前のところに、ささっと、たった1枚のチップを置く。
はずれ・・・ ほら、もう一回! また同じところに、ささっと・・・ 何やってんだか。。。

そうこうしてるうちに、何度かチップが返ってくるようになった。
ふと気がつくと、夫がチップを持っている。。。 へ?いつの間に換えてきた??
そして、2人で身を乗り出して、台の遠くの方まで賭け始めた。
あらら、火がついちゃったのか・・・? ( ̄。 ̄;) まぁ、ほどほどにお願いします。
私はといえば、周りの人のウォッチング。 
1人のおばさんは、カードゲーム台に居ながらにして、ルーレットのディーラーに
チップを置いてもらっている。すっげーパワフルだ。
ロック歌手みたいな若者が、ポケットからクシャクシャの札をルーレット台に投げる。
ディーラーは、ムッとした表情で、丁寧に札を伸ばしてチップに換える。
いろんな人がいるもんだ・・・

結局、12時頃までルーレット部屋にいたが、そんなに大きな額を賭けてたわけではないので、1200cfp(1400円程度)をすっただけだった。はは、かわいいねぇ~。。。

その後、スロットマシンの部屋に行ってみた。
ここは、一般に開放されているらしく、服装だって雰囲気だって堅苦しくない。
さっきみたいな静かな緊張感は全くなく、賑やかだし。。。
ま、普通に日本のパチンコ屋と同じだわ。 では、ちょっとだけやってみましょ。
とりあえず2000cfpをコインに換えて・・・ ほんの5分ほどで、なくなっちゃった・・・
ってことで、ここはこれにて終了!

ドキドキのカジノ体験は、無事に終わった。
「おもしろかったー。思いきって、行って良かったー」と3人で話しながら帰ったのだった。
靴下にサンダル履き・・・ 追い返されなくて良かった良かった・・・( ̄m ̄*)ふふ

明日は、リフー島に行く。 せめて明日は、晴れるといいなぁ~。。。
[PR]
by maryqueen | 2006-04-16 00:33 |