メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イタリア料理教室

今日、地域の国際交流協会のイベントで、「イタリア料理教室」が開催された。

以前、私の英会話の先生に、外国人と話す機会がないから、なかなか上達できない・・・
と言ったところ、「機会がないなら、作ればいい」と言われた。
なるほど、そのとおりだ・・・ 言い返す言葉がない・・・( ̄。 ̄;)

なので、私の住んでる町役場に、国際交流のイベントなどをやっているか聞いてみた。
すると、ほんとはしなければならないが、なかなかい実現できない、という
気の抜けた返事だった。
仕方がないので、県の国際親善協会や、他の市の団体に入って、
イベントに参加したり、ホストファミリーになったのだった。

でもここ数年、仕事が忙しくなり、遠くで開催されるイベントには、参加できずにいた。

さて、今日は学校の調理室に集まり、イタリア人の講師を呼んで料理を作るらしい。
参加人数は、20数人。ほとんどが中年以上のおばさま達だけど、中には数人男性もいる。
小さな子を連れた家族での参加もあり。

メニューは、
d0066133_21474499.jpg
1.パスタ・エ・ファジョーリ(ショートパスタと豆野菜のスープ・トマト風味)

2.水菜のニンニク風味サラダ





料理は開始したものの、集まったのが、おばさま軍団だと、私語が多い多い・・・( ̄▽ ̄)
先生の話や、忠告を聞かずして、さっさともらったレシピを見ながら料理を始めてしまう。
でも、先生も慣れたもんで、「ソコ、カッテニ、ススメナイデクダサイ!」と一喝したりしてね。

先生が言うには、せっかくのイタリア料理なので、なるべくアレンジしないでくださいとのこと。
この野菜の切り方だと中華料理になってしまうでしょ!とか、
野菜のアクも、味のうちなので取らないで!とか、なかなか、厳しいチェックが入ったりする。

パスタスープは、先生の味つけだと、野菜の味を生かすために、コンソメなどを入れずに
塩コショウのみ。しかも、かなり薄味。
まぁ、ちょっと頼りない感じもするけど、それはそれで美味しいと思ったのに、
同じグループのおばさま、「塩、もっと塩入れんと、味ないやんか」と、バサバサ入れるし~。
まったく、この歳になったら、人の言うことを聞かんねぇ。。。

水菜のサラダは、あつーいニンニクオリーブオイルを、生の水菜にかけるだけ。
塩コショウだけでも、美味しいねぇ。さっそく今夜の家での一品になった。

d0066133_2251354.jpg
デザートは、ドルチェ。
生クリームをあわ立て、クラッシュチョコ・
ドライフルーツを入れて混ぜ合わせただけ。
砂糖は入れない。
しばらく冷凍庫に入れると良い。
そのままだと、ちょっとくどいので、ビスケットやウェハスにつけて食べると美味しかった。


そして、うちの町に今までなかった国際交流協会が、どうやら町合併で市になったので
できることになったらしい。
ってことは、いろんなイベントが、近所で開催されるってことだ。うれしいな。
[PR]
by maryqueen | 2006-02-19 22:19 | 食べ物