メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

地元で、のど自慢大会開催

2日ほど前、知り合いのT子さんから、「土曜日、あいてる?」とメールが来た。
何があるのかと聞くと、「NHKのど自慢大会の予選に出るの」とのこと。
そういえば、近くの会館で公開放送があるって聞いてたけど、それが7日だったようだ。

6日土曜に予選を受けて、通れば、翌日の生放送に出場だって。
えーーーーーっ!?あの番組って、生放送だったのか?知らんかった・・・
本番は観客も抽選で選ばれた人しか入れないけど
予選会は自由だというので、出かけることにした。

会館内は、人でごった返している。
浴衣を着た人なんかはごくごく普通で、真っ赤なドレス、柔道着、赤ちゃんの扮装
お手製のちょんまげと三度笠のまた旅やくざ・・・
それはそれは、いろんな格好の人たちが、うじゃうじゃといました。
T子さんは、「こんなことなら、私もコスプレしちゃえば良かった・・・」っていうくらい。
赤毛のカツラなら家にあるけど・・・と言いましたが、却下されました。。。(笑)

予選会には250組が出場し、そのうち20組が合格だとか。
ところが、この番組には、もともと3000通ものハガキ申し込みがあって
そのうち書類審査で250組が決まったということらしい。
このことをT子さんは、この日初めて知って、
「遊び感覚で、来たのに・・・」とちょっとビックリしてるようだった。

でもでも、楽しんでいけばいいじゃない。

さてさて予選会は、ステージにて、ちゃくちゃくと進行していた。
一人ずつ、マイクを持って、ステージに上がり、バンド演奏をバックに、少しだけ歌う。
途中で「ありがとうございました!」というアナウンスで交代。

二つ折れになってるバアちゃん(これがまた、なかなか歌が上手い)とか
スナックのママと常連客風のオジサマがデュエットするとか、
観客からの声援に大きく手を振って答えてる間に、イントロが終わってて
なかなか歌いはじめられなかった人とか
普段カラオケで自慢気に歌ってるだろう人が、たいしたことなかったり
とにかく見ているだけで、笑えたり、感心したり、ツッコミ入れたりと、なかなか楽しいもんだ。
明日の本番には、この中の20組しか見られないことになるが
予選の250組、全部見ることができるのだから面白い。

でも、なにが大変かっていえば、1時から始まった予選会は、6時まであり
その間10分程度の休憩を数回入れながらではあったけど
バンドの人たちは250組の演奏をするわけで・・・  これはすごい重労働だわね~。
調子っぱずれな人には、適当にリズムを合わせたり・・・
あれは、たいへんな仕事だわ。

結局、T子さんは残念ながら予選は通過しなかったけれど
私としては、初めての観覧で楽しむことができました。呼んでくれて、ありがとー!!

そして今日、お昼12時15分からの本番生放送。
しっかりテレビで見せていただきました。
合格者は、すごく歌の上手かった人や
印象深かった人、おもしろい人、元気のいい人。。。などなど
なるほどね~という選考だった。
ま、中には、「え?この人が??」っていう人もいたけど
年齢や、職業、地元に関係があるか・・・なども、選考基準に入っているようにも思うなぁ。

でも、なんで素人って、テレビ映りがパッとしないのかね~。
やっぱ、お化粧とかもあるけど、みんなあか抜けしない表情だねぇ。
まぁ、のど自慢大会は、素朴な人達の方がうけるのかもしれないけどね。
[PR]
by maryqueen | 2005-08-07 22:28 | 音楽