メリーの日常を、ぼちぼち綴ります。


by maryqueen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

しゃこ・蝦蛄・シャコ の食べ方。。。

d0066133_22301257.jpg
うちの近くのスーパーでは、しゃこはあまり見かけない食材だ。
でも、このところ、たまに魚売り場で、見ることがある。
お寿司の具として、数回食べたことはあるけど、なじみもない。
塩茹ですれば、美味しいかも・・・と思い、買ってみることにした。

夫に食べ方を聞いたが、はっきりとはわからないとのこと。
とりあえず、塩茹でに・・・
さっと冷やした方がいいんじゃない?ということで、冷水も準備。(ほんとにいいのか?)

なんとも、見れば見るほど、気持ち悪い形をしているもんだね・・・
たっぷりの湯に、塩を入れ、ぶくぶくと沸騰したところに、しゃこ投入。

さて、何分茹でる?
しまった・・・ 先に、検索して調べておくんやった・・・
しゃーない。色が変わったところで、冷水につけて、皿にとった。
どーやって皮を剥くの?
エビのように、プリンと剥けるのかと思いきや、はずれへんし・・・

そうや!足のあたりを、バスッと切ったら、皮が上下に開くんちゃう?

ってことで、ダメ元で、両足の付け根あたりを、切って落とした。
8匹あったしゃこのうち、1匹だけは皮が上手く剥がれて、身が出てきた。
あとは、ぐちゃぐちゃ・・・
結局、台所のまな板の前で、夫婦二人で、立ったまま、しゃこの皮に喰らいついた・・・
あんまり身もなかったので、食べにくいカニの殻にチューチュー吸い付くような食べ方。。。

あーあ。。。 
せっかく、夕食の一品として数に入ってたのに、あっという間になくなっちゃった。

あとで、調べてみたら、しゃこの旬は、産卵期である晩秋。
生きたものを湯がかないと、身が崩れてしまうそうな。
茹でてからそのまま湯止めして、冷めたら皮を剥くらしい。
適当にやったにしては、あの両サイドの足を落とすやり方で正解だったようだ。
シャコの爪身を集めて酢の物やサラダなどに、わさび醤油でも酒の肴に絶好・・・とか
書いてあったけど、そんなん知らずに、捨てちゃったよぅ。。。

蝦蛄を茹でると、紫褐色に変わり、それがシャクナゲの花の色に似ていたところから
付けられた名で、シャクナゲを石楠花また石花とも書きシャクカがなまってシャコと
呼ばれるようになった。。。
ということらしいね。

今度は、新鮮な獲れたてピチピチのしゃこを見つけた時だけ、買うことにしましょう。
[PR]
by maryqueen | 2005-08-04 22:51 | 食べ物